be動詞の現在形(am・are・is)

be動詞の現在形の意味と使い方、
肯定文・否定文・疑問文の作り方
について例文を用いて解説します。


be動詞(現在形)の意味

be動詞の現在形にはam, are, isがあり、
主に「~です」「~にいる」「~にある」
という3つの意味があります。


be動詞(現在形)の使い方

そして、be動詞の現在形am・are・isは
主語によって使い分けます。

まず、主語がI「私」の時、
be動詞はamを用います。

よって、例えば「私は、生徒です。」
という文を作りたい時には、主語Iの後ろに
be動詞のamを置いて以下のようになります。

I am a student.

主語が文の先頭にくるのは
英語も日本語も同じですが、
日本語だと動詞は文の最後にくるのに対し、
英語では動詞は主語の次にきます。

この英語の主語+動詞という並び順は、
日本語の文の並び順と大きく異なります。

また、この文のstudentは数えられる名詞で、
この場合1人なのでa studentとaを名詞の前に
付けることを忘れないようにしましょう。

aを「1人の」と訳す必要はありません。

複数の生徒を表す時は、
studentsと最後にsを付けます。

主語がYou「あなた、あなた達」、
They「彼ら、彼女ら、それら」などの場合、
現在形では以下のようにbe動詞はareを用います。

You are a student.
「あなたは、生徒です。」

They are students.
「彼らは、生徒です。」

下の文の生徒は複数を表すので、
studentの最後にsを付けます。

主語がHe「彼」、She「彼女」、It「それ」、
This「これ」、That「あれ」などの場合、
以下のようにbe動詞の現在形はisを用います。

She is on the stage.
「彼女は、その舞台の上にいます。」

It is in the box.
「それは、その箱の中にあります。」

また、be動詞の後ろにon ~「~の上に」や
in ~「~の中に」などの場所を表す言葉がくる時は、
「~にいる」や「~にある」という意味になります。

この場合、「どの舞台か」や
「どの箱か」分かっているので
stageやboxの前ににaではなくthe「その」を付けます。

文の作りは主語+動詞+~となり、
be動詞は主語によって使い分ける
ということを覚えておきましょう。


be動詞(現在形)の否定文

be動詞の現在形の否定文は
be動詞の後ろにnotを付け、
意味は「~ではない」「~にいない」
「~にない」となります。

以下のbe動詞を用いた3つの文を
否定文に書き換えてみましょう。

You are a student.
「あなたは、生徒です。」

She is on the stage.
「彼女は、その舞台の上にいます。」

It is in the box.
「それは、その箱の中にあります。」

これらの文の否定文はbe動詞の後ろに
notを付け、以下のようになります。

You are not a student.
「あなたは、生徒ではない。」

She is not on the stage.
「彼女は、その舞台の上にいません。」

It is not in the box.
「それは、その箱の中にありません。」

会話では、以下のように
省略形を用いることがほとんどです。

You aren't a student.
She isn't on the stage.
It isn't in the box.


be動詞(現在形)の疑問文

疑問文はbe動詞を主語の前に出し
be動詞+主語の順に変え、文の最後に
クエッションマーク?を付けます。

よって、先ほどの3つの文を疑問文に
変えると以下のようになります。

Are you a student?
「あなたは、生徒ですか。」

Is she on the stage?
「彼女は、その舞台の上にいますか。」

Is it in the box?
「それは、その箱の中にありますか。」

be動詞の最初の文字は
文の先頭にくるので大文字にし、
主語の最初の文字は文の途中にくるので
小文字に変えます。

答え方はYesまたはNoとbe動詞を用い、
以下のようになります。

Are you a student?

Yes, I am.「はい、そうです。」
No, I am not.「いいえ、ちがいます。」

Is she on the stage?

Yes, she is.「はい、います。」
No, she isn't.「いいえ、いません。」

Is it in the box?

Yes, it is.「はい、あります。」
No, it isn't.「いいえ、ありません。」

ここではbe動詞について解説しましたが、
動詞にはbe動詞の他に一般動詞もあります。

一般動詞の現在形については、
次のページで解説しています。

一般動詞の現在形へ

be動詞の現在形の練習問題

問題1.以下のbe動詞を用いた文を日本語に訳しなさい。

(1)He is a doctor.
(2)You are good soccer players.
(3)Yuka is in the room.

問題2.以下のbe動詞を用いた文を否定文に書き換えなさい。

(4)He is a doctor.
(5)They are soccer players.
(6)Yuka is in the room.

問題3.以下のbe動詞を用いた文を疑問文に書き変えなさい。

(7)He is a doctor.
(8)You are soccer players.
(9)Yuka is in the room.

答えはこのページの下にあります。

sponsored link

脳の特性に沿った英会話上達法

以下は、日本語環境で育った日本人の大人が
脳の特性に沿って英会話を上達できる方法を
無料で学べる動画&メール講座です。

日本人の大人の脳の特性にあった
英会話上達法の全10回無料講座

be動詞の現在形の問題の解答

(1)「彼は、医者です。」

(2)「あなた達は、すばらしいサッカー選手です。」
  ※playersと複数形なので、
   Youは「あなた」ではなく「あなた達」です。

(3)「ゆかは、その部屋(の中)にいます。」
  ※Yukaはshe「彼女」に置き換えられるので
   be動詞はisを用います。

(4)He isn't a doctor.
  「彼は、医者ではありません。」

(5)They aren't soccer players.
  「彼らは、サッカー選手ではありません。」

(6)Yuka isn't in the room.
  「ゆかは、その部屋にいません。」

(7)Is he a doctor?「彼は、医者ですか。」

(8)Are you soccer players?
  「あなた達は、サッカー選手ですか。」

(9)Is Yuka in the room?
  「ゆかは、その部屋にいますか。」
  ※Yukaは人名なので、
  文の途中でも先頭の文字は大文字です。

英文法解説[時制]へ戻る

sponsored link

このページの先頭へ