時の副詞節の中で未来のことは現在形

時の副詞節の中で未来のことは現在形
について例文を用いて解説します。

この定義の解説に入る前にまずは、
「時の副詞節」について解説します。


時の副詞節とは

定義の中に節という言葉が出てきますが、
節とは「主語と動詞の組からなる1つの文」
のことを示します。

例えば、以下の文でI will start
「私は始めるつもりです」の部分が、
主語(I)と動詞(will start)の組
からなる文(節)になっています。

I will start the work when my boss comes.
「上司が来たら(来た時)、私はその仕事を始めるつもりです。」

この文にはもう1つ、
my boss comes「私の上司が来る」という
主語(my boss)と動詞(comes)の組
からなる節があります。

2つの節を繋ぐために接続詞が用いられますが、
and「そして」、but「しかし」、when「~時」
がよく使われます。

そして、最初の例文の
when my boss comesの部分を考えてみます。

この部分は先ほど解説したように
1つの節になっていて、接続詞when「~時」
によってもう1つの節(I will start ~)
にくっついています。

when「~する時」は
「時」に関連した接続詞なので、
when my boss comesの部分は「時の節」です。

ここまでで、
「時の副詞節の中で未来のことは現在形」
という定義の「時の副詞節」に近づきました。

あとは、副詞節の「副詞」の部分です。

ここで、文中での副詞の役割を確認します。

例えば以下の文のfast「速く」は副詞ですが、
runs「走る」の程度(速いのか遅いのか)を
説明しており、動詞を修飾しています。

He runs fast.「彼は、速く走る。」

以下の文のyesterday「昨日」も副詞ですが、
yesterdayはいつ買ったのかを表しており
動詞のbought「買った」を修飾しています。

I bought a pen yesterday.
「私は、昨日ペンを買いました。」

このように、副詞は文中で
動詞を修飾する働きをするのです。


時の副詞節で未来のことは現在形

最初の例文をもう1度見てみましょう。

I will start the work when my boss comes.
「私の上司が来た時、私はその仕事を始めるつもりです。」

この文のwhen my boss comesの部分も同様に、
「上司が来たら→始めるつもり(will start)」
というように動詞を修飾しています。

この節は副詞の役割をしており「副詞節」で、
「時の節」でもあるので「時の副詞節」です。

これは、最初の定義に当てはまるため、
(「時の副詞節の中で未来のことは現在形」)
この節中では未来のことでも現在形で表します。

この場合、主語がmy bossと三人称単数で、
come「来る」にsをつけてcomesとなるので
注意しましょう。

しかし、whenの作る節が必ず副詞節になる
とは限らないので注意が必要です。


時の名詞節で未来のことは未来形

接続詞のwhen(意味は「~の時」)は
「時の副詞節」を作りますが、疑問詞のwhen
(意味は「いつ~」)は「時の名詞節」を作ります。

「時の名詞節」について解説していきます。

以下の文のwhen my boss will come
の部分を考えてみます。

I know when my boss will come.
「私は、いつ上司が来るか知っています。」

今度は、whenの後ろに続く節の中で、
comeという現在形ではなく未来形の
will comeが用いられています。

この文でwhenは「いつ」という意味なので、
when以下の節は時に関連した「時の節」
であることが分かります。

しかし、whenの節は動詞know
を修飾している訳ではないので、
この節は副詞の役割はしておらず
「副詞節」ではないのです。

このwhenの節はknow
「知っている」の目的語になっており、
名詞の役割をしているのです。

目的語とは文中で動詞の後ろに置かれ、
「~を」するのかや「~に」するのかのように、
動詞(動作)の目的を表すものです。

例えば、以下の文のhim「彼」
は誰(何)を知っているのかと、
know「知っている」の目的を表し、
knowの目的語になっています。

I know him.
「私は、彼を知っています。」

また、以下の文のtennis
「テニス」は何をするのかというように、
play「する」の目的を表しており、
playの目的語になっています。

She plays tennis.
「彼女は、テニスをします。」

そして、目的語になれる品詞は
himやtennisなどの名詞だけです。

ここで、先ほどの文をもう1度みてみます。

I know when my boss will come.
「私は、いつ上司が来るか知っています。」

この文のwhenの節もknowの目的語で
名詞と同じ役割をしているため、この節は
「時の副詞節」ではなく「時の名詞節」です。

よって、「時の副詞節の中で未来のことは
現在形」という定義にあてはまらないので、
未来のことは未来形で表します。

whenが作る節が「時の副詞節」の場合は
未来のことは現在形で、「時の名詞節」の場合は
未来のことは未来形(will)で表します。

whenを用いた節の中で現在形と
未来形のどちらを用いるのかを
判断する時に、whenの訳し方で
決めることができます。

以下のように、whenを「~時」
と訳したら副詞節なるので、
未来のことは現在形で表します。

I will start the work when my boss comes.
「私の上司が来た時、私はその仕事を始めるつもりです。」

また、以下のように、whenを
「いつ」と訳したら名詞節になるので、
未来のことは未来形で表します。

I know when my boss will come.
「私は、いつ上司が来るか知っています。」

ただ、いつも日本語に訳せるとは限らないので、
最初に解説した副詞節と名詞節という考え方も
理解しておきましょう。

条件の副詞節の中で未来のことは現在形へ

時の副詞節で未来のことは現在形の練習問題

問題.以下の文の()内の語を適切な形に書き換えなさい。
   2語以上になる場合もあります。

(1)I know when he (come) back to Japan.

(2)We will hold a party when he (come) back to Japan.

答えはこのページの下にあります。

sponsored link

脳の特性に沿った英会話上達法

以下は、日本語環境で育った日本人の大人が
脳の特性に沿って英会話を上達できる方法を
無料で学べる動画&メール講座です。

日本人の大人の脳の特性にあった
英会話上達法の全10回無料講座

時の副詞節で未来のことは現在形の問題の解答

(1)I know when he will come back to Japan.
 「私は、いつ彼が日本に戻ってくるか知っています。」

(2)We will hold a party when he comes back to Japan.
 「彼が日本へ戻ってきた時、私達はパーティーを開くつもりです。」

英文法解説[時制]へ戻る

sponsored link

このページの先頭へ