反復動作や習慣を表す進行形

反復動作や習慣を表すalways+進行形
について例文を用いて解説します。


always+進行形の意味

進行形(be動詞+動詞のing形)は、
通常ある時点で進行中の動作を表します。

ところが、be動詞と動詞のing形
の間にalways「いつも」を伴い、
「いつも~ばかりしている」と
反復動作や習慣を表すことがあります。

以下の文は、現在進行形の例文です。

He is sleeping in the class.
「彼は、授業中に寝ています。」

この文は、sleep「寝る」という動作が
現在進行中であることを表しています。

そして、この文のisと
sleepingの間にalwaysを入れると
以下のように反復動作を表します。

He is always sleeping in the class.
「彼は、いつも授業中寝てばかりいる。」

以下のように、過去進行形でも
同じように考えることができます。

I was always eating too much.
「私は、いつも食べ過ぎてばかりいた。」

※too much「あまりにもたくさん」

この文は、過去における習慣を表しています。

このようにbe動詞と動詞のing形の間に
alwaysが付くと進行中の動作ではなく、
反復動作や習慣を表します。

現在完了形[継続]へ

反復動作や習慣は進行形の練習問題

問題.以下の英文を日本語に訳しなさい。

(1)He is always drinking too much.
  ※drink「(お酒を)飲む」

(2)He is drinking beer now.
  ※beer「ビール」

(3)Ken was always crying when he was a child.

※通常の進行形か、反復動作や習慣かに注意しましょう!

答えはこのページの下にあります。

sponsored link

脳の特性に沿った英会話上達法

以下は、日本語環境で育った日本人の大人が
脳の特性に沿って英会話を上達できる方法を
無料で学べる動画&メール講座です。

日本人の大人の脳の特性にあった
英会話上達法の全10回無料講座

反復動作や習慣は進行形の問題の解説

(1)He is always drinking too much.
  「彼は、いつもお酒を飲みすぎてばかりいる。」

(2)He is drinking beer now.
  「彼は、今ビールを飲んでいます。」

(3)Ken was always crying when he was a child.
  「ケンは子供の時、いつも泣いてばかりいた。」

(1)は習慣、(2)は進行中の動作、
(3)は反復動作を表しています。

英文法解説[時制]へ戻る

sponsored link

このページの先頭へ