意味上の主語ofとforの使い分け

通常、不定詞の意味上の主語は
以下のようにfor+名詞または
代名詞の目的格で表されますが、

It is difficutl for Ken to pass the exam.
「その試験に合格することは、健にとって難しい。」

It is difficutl for him to pass the exam.
「その試験に合格することは、彼にとって難しい。」

It is ~ to不定詞の構文で、
~の部分にkind「親切な 」などの
“人の性質を表す形容詞”がくる時は
“of+名詞または代名詞の目的格”で
意味上の主語を表します。

以下は、ofを用いた例文です。

It is kind of him to help me.
「私のことを助けてくれるとは、彼は親切です。」

上の例文のdifficultのように
人の性質でない形容詞の場合は、
for+名詞または代名詞の目的格で
不定詞の意味上の主語を表しますが、

下の例文ではIt isの後ろがkind
という人の性質を表す形容詞なので、
of himとofを用いて不定詞to helpの
意味上の主語を表しています。


人の性質を表す形容詞

人の性質を表す形容詞には、
以下のようなものがあるので
覚えておきましょう。

stern「厳しい」
strict「厳しい」
rigorous「厳格な」

gentle「優しい」
tolerant「寛容な 」
genial「愛想のよい 」

gracious「上品な」
cleanly「綺麗好きな」
generous「気前がいい」

keen「熱心な」
eager「熱心な」
diligent「勤勉な」
passionate「情熱的な」

frank「率直な」
honest「正直な」
amiable「愛想の良い」
curious「好奇心旺盛な」

humble「謙遜な」
reserved「控えめな」
moderate「節度のある」

merciful「慈悲深い」
admirable「感心な」
broad-minded「心の広い」
affectionate「愛情深い」

respectful「丁重な」
reverent「うやうやしい」
deferential「敬意を表する」

polite「礼儀正しい」
courteous「礼儀正しい」
punctual「時間に正確な」
decent「きちんとしている」

thoughtful「思いやりのある」
considerate「思いやりのある」
sympathetic「思いやりのある」

不定詞の解説メニューへ戻る

不定詞のまとめ無料レポート

英語の不定詞の解説を3ページ
にまとめた無料レポートです。

不定詞のまとめ無料レポート

他にも、無料レポートには主要
英文法の解説を各単元2~3ページ、
合計27ページにまとめてあるので
英文法の学習に役立てて下さい。

誰でもできる!毎日5分英文法
無料レポートの申請はこちら

sponsored link

このページの先頭へ