英文法を分かりやすく解説

当サイトは学習塾での英語指導経験をもとに、
市販の参考書より中学&高校で学んだ英文法の
分かりやすくい解説を心がけています。

英文法解説の後に練習問題も付いているので、
英文法の学習に役立てて下さい。

毎日5分英文法を学べる無料メルマガ

英語を身に付ける上で最も重要なのは、
「毎日英語に触れること」ということです。

なぜなら、英語も日本語と同じ言葉なので、
私達日本人が日本語を身に付けたのと同じように
毎日触れれば身に付いていくものだからです。

私達は中学と高校で英文法中心の教育を受け、
英語は勉強するものと無意識に思っているため
毎日英語に触れることに拒否反応を起こします。

そして、英語は難しいと避けるようになり、
テスト前など必要最低限しか英語に触れないので
さらに英語に対して苦手意識を持ってしまいます。

その後、学校を卒業し勉強から開放され、
英会話に興味を持ち始めると学生の頃英文法を
ちゃんと勉強しておけばよかったと後悔します。

こんな経験をした方は多いのではないでしょうか?

実は、このサイトを作った私もその一人です^_^;
そして、何かできないかな?と考えました。。。

そこで、英文法の勉強を通して毎日英語に
触れられる「誰でもできる!毎日5分英文法」
という無料メルマガを発行し始めました。

初心者の方が理解しやすいように、
私自身の学習と塾での指導経験を踏まえて、
市販されているテキストより分かりやすい
解説を心がけて作成しました。

TOEICや英検などの資格試験や
英会話に役立つ英文法を解説しており、
中学や高校で学んだ英文法を基礎から
じっくり復習できます。

英文法の学習にご利用頂ければ幸いです。

無料レポート請求&無料メルマガ購読はこちら

大人の脳の特性にあった英会話上達法

英文法を勉強して覚えただけでは、
英語を話せるようになりません。

大人が英語を話せるようになるには、
覚えた英文法を使って英文を組み立てて
話す練習をする必要があります。

英語を話せるようになりたいと思って
高いお金を払って英会話学校に通っても、
英語を話せるようになりません。
(私がまさにそうでした^^;)

英会話学校は英語を話す場を提供しているだけで、
英語を話せるようになるメソッドはないからです。

学校は生徒にできるだけ長く通ってほしいので、
すぐ話せるようになって卒業されると困るので
効率の良い英会話習得法を教えてくれません。

無駄なお金や時間を使わないように、
以下の無料講座で大人の脳の特性に沿った
練習方法を知って欲しいと思います。

日本人の大人の脳の特性にあった
英会話上達法の全10回無料講座

sponsored link

大人の英会話習得に英文法は必要か?

右脳しか動いていない3才位までは、
日本語を聞き流して「パパ」「ママ」など、
単語から自然に話せるようになったように
英語も聞き流しで覚えることができます。

そして、3才を超えると左脳が発達し始めますが、
12才位までは丸覚えで覚えることが可能なので、
英語表現をそのまま覚えて話せるようになります。

これが、小さい時から学習を始めたほうが
英語などの外国語を自然に習得できる理由です。

しかし、12才を超えると左脳は発達しきるため、
英語を聞き流しているだけで話せるようになったり
英語表現の丸覚えができなくなります

左脳が発達してから覚えた言語を話す時は、
右脳でイメージしたことを左脳で言語に変換して
文章を組み立てて話すという流れになります。

よって、中学生くらいからは英文法を覚えて
英文を組み立てて話す練習をする必要があります。

英文法というと学校の勉強で難しいという
イメージを持っている方もいるかもしれませんが、
日常英会話なら難しい英文法を覚える必要はなく、
5文型を中心とした簡単な英文法十分です。

しかし、日本語は助詞があり並び順は自由な言語で
英語は主語→動詞と決まった順番で文を作る言語と、
文の作りが大きく異なるので考えた日本語が英語に
変換できないということが頻繁に起きます


英語を話せるようになるコツ

例えば、以下の日本語を英語に直してみて下さい。

「私は、初挑戦でその試験に合格しました。」

パッと英文が出てきた人はいますでしょうか?

「初挑戦で」という部分の変換でつまずいた方が
多いのではないかと思います。

しかし、以下の日本語に変えたらどうでしょうか?

「私はその試験に初めて挑戦しましたが、
合格しました。」
(「私はその試験に初めて挑戦しました。
しかし、合格しました。」)

この日本語の文からなら、
以下のように英文を作れた方も多いと思います。

I tried the exam for the first time,
but I passed it.

ここに日本人が早く英語で言いたいことを
言えるようになる秘訣があります

私達は日本語のプロなので、
日本語を英語に変換しやすい
日本語に変えることは簡単です。

そこで、英文を英語で考えてるのではなく、
英語に変換しやすい日本語の文を考えてから
英文を組み立てて話すという練習をすれば早く
英語で言いたいことが言えるようになります。


英語を話す時に使うのは5文型

英文を組み立てる時に必要な英文法は、
難しい英文法ではなく以下の5文型です。

第1文型:SV
第2文型:SVC
第3文型:SVO
第4文型:SVOO
第5文型:SVOC

※SとOには名詞、Vには動詞、
Cには名詞か形容詞が入ります。

英語を話す時は、この5文型に英単語を
当てはめて英文を作って話せばよいのです。

ただ、日本語環境で育った私達にとって
英文を英語で考えて話すことは難しいので、
日本語で考えたことを英語に変換して話す
というプロセスが脳の中で必要になります。

しかし、日本語から英語に変換する時に、
日本語と英語の作りの違いを知らないと
スムーズに変換できません

日本語は助詞「てにをは」で文を作るので、

私は、かばんを買った。
かばんを私は、買った。
かばんを買った。私は。

というように並び順には自由度があります。

しかし、英語はSV~と並び順が決まっており、
上の日本語を英語にすると「I bought a bag.」
という言い方しかありません。

日本語では文の最後でも「は」が付いていると
主語ですが、英語は最初にあるから主語です。

よって、日本語で自由に文を作ってしまうと、
英語に変換できないということがよく起こり、
英語を話すのは難しいとなってしまうのです。

ところが、日本語で話す内容を考える時に
英語に直しやすい日本語を考えるようにすると、
5文型に当てはめてスムーズに英語に変化して
話せるようになります。

例えば、以下のことを英語で言いたいとします。

「私は、そのイベントを開催する友達に会った。」

この「そのイベントを開催する友達」という部分は、
my friend who holds the eventと関係代名詞を用い
組み立てなければなりません。

書く時はゆっくり考えることができるのでよいですが、
話す時に関係代名詞who・which・whose・thatから
瞬時にどれを使うのか考えて英文を作るのは大変です。

最終的に英文は以下のようになり形は第3文型ですが、

I met my friend who holds the event.

関係代名詞を用いると文を作る難易度は高くなります。

しかし、日本語を以下のようにしたらどうでしょうか?

「私は友達に会いました。(そして、)
彼女がそのイベントを開催するんです。」

これなら、「私は友達に会った。」という文と
「彼女はそのイベントを開催する」という文を
以下のように英語に変換しやすくなります。

I met my friend, (and) she holds the event.

多くの日本人が英語を話せないと苦戦しているのは、
英語を英語で考えて話そうとしたり頭の中で考えた
日本語をそのまま英語にしようとしているため
です。

日本語を英語に変換しやすい日本語にしてあげれば、
すぐに英語に変換してスラスラ話せるようになります。

これは一見遠回りのようですが、
日本語環境で育った日本人は日本語のプロなので
日本語をいじることは簡単にできるということと、
また12才を過ぎると表現の丸覚えができなくなり
その代わりに理論的に物事を考えて覚えるようになる
という脳の特性にも合っています。

私が発行している無料メルマガのバックナンバーを
以下に例として2つ紹介します。


以下の日本語を英文に直して下さい。

「私は、友達が勧めてくれた
グリーンカレーとチーズトーストを食べました。」

この日本語をそのまま英語に変換すると、

関係代名詞を用いて以下のようになります。

I ate Green curry and cheese toast (which) my friend recommended.

※目的格の関係代名詞は省略可能です。

書く時はこれでOKですが話す時に、
関係代名詞who・which・whose・
thatのどれを使うのかを瞬時に考えて、
この文章を作るのは難易度が高いです。

この場合、関係代名詞の省略まで絡んできます。

そこで、「私は、友達が勧めてくれた
グリーンカレーとチーズトーストを食べました。」
という日本語を以下のようにします。

「友達が勧めてくれたので、
私はグリーンカレーとチーズトーストを食べました。」

こうすると、「友達が勧めてくれた」
my friend recommended (them) と
「私はグリーンカレーとチーズトーストを食べました」
I ate Green curry and cheese toastという文を作り、
以下のように接続詞のbecauseで繋ぐだけです。

I ate Green curry and cheese toast
because my friend recommended (them).

最初の関係代名詞を用いた英文より簡単に、
同じことを伝えることができます。

日本人の英会話の上達が遅い大きな理由は、
「私は、友達が勧めてくれた
グリーンカレーとチーズトーストを食べました。」
という学校のテストで出題されるような日本語の文を
英語にして話そうとしているからです。

この日本語を「友達が勧めてくれたので、
私はグリーンカレーとチーズトーストを食べました。」
と変えたらスラスラ英語で言えると思います。

もう一つ、以下でもほぼ同じことが伝わります。

「友達がグリーンカレーとチーズトーストを勧めた。
だから私は食べました。」

My friend recommended Green curry and cheese toast,
so I ate (them).

学校のテストとは違って答えは一つではないので、
自分が知っている単語を使って言えばよいのです。

柔軟に考えましょう^^


以下の日本語を英文に直して下さい。

「ベトナムで銀行口座を開設するために、
(私達は)英語を話すことができなければならない。」

この日本語をそのまま英語に変換すると、

以下のようになります。

We must be able to speak English to open a bank account in Vietnam.

まず、「銀行口座を開設する」は
open a bank accountで、「~するために」は
to open a bank accountと不定詞を用います。

「話すことができなければならない」の部分は、
can「~できる」とmust「~しなければならない」
という助動詞を2つ一緒に使えません。

そこで、canの代わりに
be able to「~できる」を用い、
must be able to となります。

学校の勉強なら解答以外の英文は間違いですが、
英会話はここで終わりではありません^^

もし、話している時に解答の英文が作れない場合、
日本語を以下のように変えてみます。

「私達は英語を話すことができなければ、
ベトナムで銀行口座を開設することはできない。」

こうすると、英文は以下のようになります。

If we can’t speak English,
we can’t open a bank account in Vietnam.

「私達は英語を話すことができない」
という意味のwe can’t speak Englishと
「ベトナムで銀行口座を開設することはできない」
のwe can’t open a bank account in Vietnamを
接続詞if「もし~なら」で繋げばよいので、
最初の英文より作るのが簡単だと思います。

日本人の英会話の上達が遅い大きな理由は
学校のテストの弊害で1つの正解を作らなければ
ならないという思い込みがあるためです。

今回の場合、

「ベトナムで銀行口座を開設するために、
(私達は)英語を話すことができなければならない。」

でも

「私達は英語を話すことができなければ、
ベトナムで銀行口座を開設することはできない。」

でも同じことを伝えることができるので、
自分が英語で言えるほうの英文を作って
言えばいいのです。

会話で正解は1つではないので、
同じことを伝えられる英語の言い方は
他にもあるかもしれません。

このように日本語で話す内容を考える時に
英語に直せる日本語に変える練習をすると、
早く英語を話せるようになります。

最初は少し時間がかかるかもしれませんが、
私達は日本語で文を考えるのは瞬間的にできるので、
それを最大限に活かすと知っている英単語を使って
言いたいことはほぼ言えるようになります。

無料メルマガでこの考え方の解説をしていますので、
今までの方法で英語を話せるようにならなかった方は
メルマガを読んで練習して頂ければと思います。

無料メルマガの最新号と登録はこちら

※この方法は12才以下の子供には向きません。
 特に日本語環境で英語を話せるようになりたい
 日本人の大人向けの方法です。

sponsored link

このページの先頭へ