助動詞can[可能性・推量]

canの可能性「~の可能性がある」と
推量の「~のはずがない」という意味、
may「~かもしれない」とcanの違い
について例文を用いて解説します。

目次

まず、canには「~の可能性がある」
という可能性を表す意味があります。

肯定文の時に可能性の意味になり、
以下は例文です。

Everyone can tell a lie.
「全ての人は、嘘をつく可能性がある。」


推量のcanは否定文で用いられ、
意味は「~のはずがない」となります。

否定文はcanの後ろにnotを付け、
以下のようになります。

The story can not be true.
「その物語は、本当のはずがない。」

この否定文は、
その物語が本当ではないということを
話し手が推測していることを表します。

そして、推量を表す否定文では
can notや省略形のcan'tではなく、
cannotという形がよく用いられます。

The story cannot be true.

能力「できる」の否定文の形
can not(can’t)「できない」と
見て分かるように区別するためか、

可能性と推量の意味の
否定「~のはずがない」の時は
cannotと書くことが多いようです。


可能性のcanは疑問文でも用いられます。

疑問文はcanを主語の前に出し、
文末にクエッションマーク?を付けます。

そして、疑問文の意味は
「いったい~だろうか」となります。

以下の疑問文は、
その物語が本当である可能性があるのかを
話し手が尋ねているということを表します。

Can the story be true?
「その物語は、本当なのだろうか。」

答え方は、以下のようになります。

Yes, it can.
「はい、本当の可能性があります。」

No, it cannot.
「いいえ、本当のはずがない。」


以下のようにmayを用いると、

He may make it.
「彼は、それを作るかもしれない。」

作る可能性もあるし、
作らない可能性もある
という意味になります。

これに対し、以下のように
可能性の意味でcanを用いると、

He can make it.
「彼は、それを作る可能性がある。」

canには元々「~できる」
という能力の意味があることから、
能力があるから作る可能性もある
という意味になります。

助動詞のまとめ無料レポート

英語の助動詞の解説を2ページ
にまとめた無料レポートです。

助動詞のまとめ無料レポート

他にも、無料レポートには主要
英文法の解説を各単元2~3ページ、
合計27ページにまとめてあるので
英文法の学習に役立てて下さい。

誰でもできる!毎日5分英文法
無料レポートの申請はこちら

can[可能性と推量]の問題

問題.以下の問題に答えなさい。

(1)He is a famous singer.を
  「~の可能性がある」という意味を持つ
   文に書き換えなさい。

(2)(1)で作った文を否定文にしなさい。

(3)(1)で作った文を疑問文にしなさい。

答えはこのページの下にあります。

練習問題の解答

(1)He can be a famous singer.
  「彼は、有名な歌手の可能性がある。」

(2)He cannot be a famous singer.
  「彼が、有名な歌手のはずがない。」

(3)Can he be a famous singer?
  「彼は、有名な歌手なのだろうか。」

助動詞の解説メニューへ戻る

sponsored link

このページの先頭へ