疑問詞+to不定詞(名詞句)

疑問詞+to不定詞の意味と使い方
について例文を用いて解説します。

目次

疑問詞とは、when「いつ」、
where「どこで」、how「どのように」、
what「何」、which「どちら」などで、

疑問詞+to不定詞とは、
疑問詞の後ろにto+動詞の原形を置いた
what to buyやwhen to startなどです。


それでは、以下に例文を用いて、
疑問詞+to不定詞の意味と使い方を
1つずつ解説していきます。


what to+動詞の原形(to不定詞)で、
「何を~すればいいか(すべきか)」
という意味になります。


例えば、疑問詞+to不定詞のwhat to buyは
「何を買えばいいか」、「何を買うべきか」
という意味になります

そして、主語、補語、目的語になります。


疑問詞+不定詞が主語になる場合

以下の例文で、what to buyは
主語になっています。

What to buy isn't important.
「何を買うべきかは、重要ではありません。」


疑問詞+不定詞が補語になる場合

以下の例文で、what to buyは
補語になっています。

The important thing isn't what to buy.
「重要なことは、何を買うべきかではありません。」


この例文ではThe important thing=
what to buyの関係になっています。


疑問詞+不定詞が目的語になる場合

以下の例文で、what to buyは
動詞のknowsに対して“何を”知っている
のかを表す目的語になっています。

He knows what to buy.
「彼は、何を買えばいいのか知っています。」


when to+動詞の原形(to不定詞)で、
「いつ~すればいいか(すべきか)」
という意味になります。


例えば、疑問詞+to不定詞の
when to startは「いつ始めればいいか」、
「いつ始めるべきか」という意味です。

そして、主語、補語、目的語になります。


疑問詞+不定詞が主語になる場合

以下の例文で、when to startは
主語になっています。

When to start is important.
「いつ始めるべきかは、重要です。」


疑問詞+不定詞が補語になる場合

以下の例文で、when to startは
補語になっています。

The subject is when to start.
「議題は、いつ始めるべきかということです。」


この例文ではThe subject=
when to startの関係になっています。


疑問詞+不定詞が目的語になる場合

以下の例文で、when to startは
動詞のdon't knowに対して“何を”知らない
のかを表す目的語になっています。

I don't know when to start.
「私は、いつ始めたらいいのか知りません。」


where to+動詞の原形(to不定詞)で、

「どこへ~すればいいか(すべきか)」
「どこで~すればいいか(すべきか)」

という意味になります。


例えば、疑問詞+to不定詞の
where to goは「どこへ行けばいいか」、
「どこへ行くべきか」という意味です。

そして、主語、補語、目的語になります。


疑問詞+不定詞が主語になる場合

以下の例文で、where to goは
主語になっています。

Where to go isn't a problem.
「どこへ行くべきかは、問題ではありません。」


疑問詞+不定詞が補語になる場合

以下の例文で、where to goは
補語になっています。

The problem is where to go
「問題は、どこへ行くべきかです。」


この例文ではThe problem=
where to goの関係になっています。

疑問詞+不定詞が目的語になる場合


以下の例文で、where to goは
動詞don't knowの目的語になっています。

I don't know where to go.
「私は、どこへ行けばいいのか知りません。」


how to+動詞の原形(to不定詞)で、
「どのように~すればいいか(~の方法)」
という意味になります。


例えば疑問詞+to不定詞のhow to swimは
「泳ぐ方法(泳ぎ方)」という意味になり、
以下では目的語として用いられています。

Will you tell me how to swim?
「私に泳ぎ方を教えてくれませんか。」


主語や補語としても用いられますが、
以下の例文のようにhow+to不定詞は
動詞の目的語になることが多いです。

She knows how to cook.
「彼女は、料理する方法を知っています。」


which(名詞)to+動詞の原形という形は、

「どれ(どちらの…)を~するべきか」
「どれ(どちらの…)を~すればいいか」

という意味になります。


例えば、疑問詞+to不定詞の
which to chooseの意味は
「どちらを選んだらいいか」で、

以下の例文では動詞の目的語
として用いられています。

I'm thinking which to choose.
「私は、どれを選んだらいいか考えています。」


そして、which car to buyで
「どちらの車を買うべきか」というように、
whichの後ろに名詞がくる場合もあります。

I'm thinking which car to buy.
「私は、どちらの車を買うべきか考えています。」


まず、句とは2つ以上の語が
くっついて用いられるもので、

to不定詞(to+動詞の原形)は
2語以上なので句になります。


to不定詞の名詞的用法は、
to+動詞の原形で「~すること」
という意味になります。

そして、名詞と同じで以下のように
文中で主語、補語、目的語になります。


・主語の場合

To study English is fun.
「英語を勉強することは、楽しいです。」

To study English
「英語を勉強すること」は、
主語として用いられています。


・補語の場合

My hobby is to read books.
「私の趣味は、本を読むことです。」

to read books
「本を読むこと」は、
補語として用いられています。


・目的語の場合

I like to play games.
「私は、ゲームをすることが好きです。」

to play games
「ゲームをすること」は、
目的語として用いられています。


名詞句のto不定詞の名詞的用法は、
このように名詞と同じ役割をします。

また、疑問詞+to不定詞も名詞句で、
名詞と同じように文中で主語、補語、
動詞の目的語になります。


疑問詞+to不定詞は目的語になることが多い

名詞句の疑問詞+to不定詞は、
名詞と同様に文中で主語・補語・
目的語になることができますが、

以下の例文のように目的語として
用いられることが多いです。


Please tell me what to do.
「何をするべきか私に教えて下さい。」

I told him when to come here.
「私は、彼にいつここへ来るべきか伝えた。」

She teach children how to swim.
「彼女は、子供達に泳ぎ方を教えています。」

疑問詞+to不定詞の問題

問題.以下の文を日本語に訳しなさい。

(1)I will ask him what to do next.

(2)Does he know when to finish it?

(3)We don't know which way to go.

  ※way「道」


答えはこの下にあります。

練習問題の解答

(1)「私は、彼に次に何をすべきか聞くつもりです。」

(2)「彼は、いつそれを終えるべきか知っていますか。」

(3)「私達は、どちらの道を行けばいいか知りません。」

不定詞の解説メニューへ戻る

不定詞のまとめ無料レポート

英語の不定詞の解説を3ページ
にまとめた無料レポートです。

不定詞のまとめ無料レポート

他にも、無料レポートには主要
英文法の解説を各単元2~3ページ、
合計27ページにまとめてあるので
英文法の学習に役立てて下さい。

誰でもできる!毎日5分英文法
無料レポートの申請はこちら

スピーキング上達e-bookプレゼント

英語のスピーキング上達のコツ

↓e-bookのダウンロードはこちら↓

※メールが届かなくなることがありますので、
@icloud.com以外のアドレスでご登録下さい。

参考書より英文法解説のトップへ戻る

このページの先頭へ