seem toとit seems that

不定詞の用法seem toの使い方と
it seems thatの書き換えについて
例文を用いて解説します。


seem toの使い方

まず、seem toですが以下のように
toの後ろには動詞の原形がきます。

He seems to be rich.
「彼は、お金持ちのようだ。」

そして、seem to+動詞の原形で
「~のようだ」という意味になります。

次に、it seems thatですが、
thatは接続詞なのでthatの後ろには
以下のように文章がきます。

It seems that he is rich.
「彼は、お金持ちのようだ。」

it seems that+文も
「~ようだ」という意味になりますが、
seem toのtoの後ろは動詞の原形になり
thatの後ろは文章がきます。


it seems thatとseem toの書き換え

ここからはit seems thatとseem to
の文の書き換えについて解説します。

例えば、以下の例文を

It seemed that he was rich.
「彼は、お金持ちのようでした。」

seem toに書き換えると
以下のようになります。

He seemed to be rich.
「彼は、お金持ちのようでした。」

この場合はseemedとthatの後ろの文
he was richの時制が同じ過去なので、

toの後ろのは原形のbeが置かれ、
He seemed to be richとなります。

しかし、以下の例文のように

It seemed that he had been rich.
「彼は、お金持ちだったようでした。」

seemedが過去形に対し、
thatの後ろの時制が大過去の
had beenと1つ古い時制の場合、

He seemed to be richのように
toの後ろに原形のbeを置くと
seemedと同じ過去(was)を表すので
to beという形は使えません。

そこで、toの後ろにhave beenと
現在完了形の形を用いることで、
seemedより1つ古い時制を表します。

He seemed to have been rich.
「彼は、お金持ちだったようでした。」

to have+過去分詞は、
以下のような現在形(この場合seems)と
過去形(この場合went)という組み合わせ
の時にも用います。

It seems that he visited there yesterday.
「彼は、昨日そこを訪れたようです。」

→He seems to have visited there yesterday.


日常英会話ではseem toを用いる

言いやすいためか、
日常英会話ではit seems that ~ より
seem toのほうをよく用いる気がします。

その時に以下の4つのパターンがあるので、
これは文型を考えるのではなく熟語のように
覚えて使えるようにしましょう。

現在のことを現在に推測する場合

He seems to be rich.
「彼は、お金持ちのようだ。」

過去のことを過去に推測する場合

He seemed to be rich.
「彼は、お金持ちのようでした。」

過去のことを現在に推測する場合

He seems to have visited there yesterday.
「彼は、昨日そこを訪れたようです。」

大過去のことを過去に推測する場合

He seemed to have been rich.
「彼は、お金持ちだったようでした。」

4つ目は過去より前の時(大過去)のことを
過去のある時点で推測しています。

ただ、4つ目のseemed to have+過去分詞
の形はあまり用いることはありません。

不定詞の解説メニューへ戻る

不定詞のまとめ無料レポート

英語の不定詞の解説を3ページ
にまとめた無料レポートです。

不定詞のまとめ無料レポート

他にも、無料レポートには主要
英文法の解説を各単元2~3ページ、
合計27ページにまとめてあるので
英文法の学習に役立てて下さい。

誰でもできる!毎日5分英文法
無料レポートの申請はこちら

sponsored link

このページの先頭へ