不定詞の完了形(完了不定詞)

不定詞の完了形の形と意味、
使い方、英文の訳し方について
例文を用いて解説します。

目次


不定詞の完了形の形は、
不定詞のto+動詞の原形と
現在完了形のhave+過去分詞を合わせて
「to have 過去分詞」となります。


不定詞の完了形の意味は、
通常の不定詞(名詞的用法)の
「~すること」という意味に対して
「~だった(こと)」となります。


不定詞の完了形とセットで用いられる
表現があるので、その表現と合わせて
不定詞の完了形の使い方を解説します。

S seem to ~

1つ目は、「~のようです」
という意味のIt seems that ~ を
書き換えたS seem to ~ です。

It seems that ~ の
thatは接続詞なので、
~の部分には節が置かれます。

節は主語+動詞からなる文で、
以下の例文では~の部分に
he is richという文が置かれます。

It seems that he is rich.
「彼は、お金持ちのようです。」

そして、この文はthat節のheを主語にし、
seemの後ろはisを不定詞にしたto beを置き
以下のように書き換えることができます。

He seems to be rich.
「彼は、お金持ちのようです。」

以下のように、
heを繰り返すような言い方はしません。

×He seems that he is rich.

S seem to have p.p.

それでは、不定詞の完了形の
解説に入ります。

以下のIt seems that ~ を用いた文を、
He seems to ~ と不定詞を用いた文に
書き換えてみましょう。

It seems that he was rich.
「彼は、お金持ちだったようです。」

この場合、He seems to be rich.
という文では間違いです。

以下の文ではseemという主節の時制と
isというthat節の時制が同じ現在形で、
「現在」彼がお金持ちということが
「現在」~のようですと推測されています。

It seems that he is rich.

よって、toの後ろにisの原形のbe
を置いて以下のようになります。

He seems to be rich.

ところが以下の文では、

It seems that he was rich.

was richと「過去のある時点」で
彼がお金持ちだったということを
seemsと「現在」推測しており、
that節の時制が主節の時制より
1つ古くなっています。

この場合、He seems to ~
という文に書き換える時に、
to ~の部分で「過去」であることを
表さなければなりません。

不定詞は「to+動詞の原形」なので
toの後ろに「過去のこと」を表すために、
過去形のwasを置くことはできません。

to beでは主節の時制と同じになり、
toの後ろの部分が現在になってしまうので、
不定詞の完了形の「to have 過去分詞」
という形を用います。

よって、It seems that he was rich.
「彼は、お金持ちだったようです。」は、
以下のように書き換えることができます。

He seems to have been rich.
「彼は、お金持ちだったようです。」

意味は同じです。

主節が過去でthat節が大過去

不定詞の完了形to have p.p.は
必ず「過去」を表すのではなく、
主節の時制より1つ古い時制を表します。

次に、以下の文を書き換えてみます。

It seemed that he had come here.
「彼は、ここに来たようでした。」

この文では、seemedと
主節の時制が「過去」であるのに対し、
had comeとthat節の時制は「過去完了」
の形になっています。

この過去完了形は大過去と言って、
過去より古い時の状態や動作を表します。

よって、この文は、
過去のある時点でその時点よりさらに前
の過去に彼が「ここに来た」といことを
「~だったようでした」と推測しています。

例えば彼がここに来たのが1週間前で、
それを推測したのが昨日という状況です。

よって、主節の時制「過去」より
that節中の時制「大過去」が1つ古いので、
不定詞の完了形を用いて以下のように表します。

He seemed to have come here.
「彼は、ここに来たようでした。」

これで過去のある時点で「彼が来た」、
それより後の過去のある時点で「~だった
ようでした」と推測したことが表せます。

以下の例文のように、

It seemed that he came here.
「彼は、ここに来るようでした。」

主節の時制がseemedと過去で、
that節の時制もcameと過去の場合は、
以下のようにto comeと通常の
不定詞を用います。

He seemed to come here.


不定詞の完了形とよく用いられる
もう一つの表現について解説します。

S is said to ~

2つ目は「~と言われている」
という意味のIt is said that ~ を
書き換えたS is said to ~です。

このthatは接続詞なので、
以下のように~には節が置かれます。

It is said that he plays tennis.
「彼は、テニスをすると言われている。」

そして、この文はthat節のheを主語にし、
is saidの後ろに不定詞のto playを置いて
以下のように書き換えることができます。

He is said to play tennis.
「彼は、テニスをすると言われている。」

以下のように、
heを繰り返すような言い方はしません。

×He is said that he plays tennis.

S is said to have p.p.

ここからは、不定詞の完了形の
使い方の解説に入ります。

以下のIt is said that ~ という
形を用いた文をHe is said to ~ と、
不定詞を用いた文に書き換えてみます。

It is said that he played tennis.
「彼は、テニスをしたと言われている。」

この場合、上で解説した
He is said to play tennis.
という文では間違いです。

以下の文では、

It is said that he plays tennis.

主節の時制isと
that節の時制playが同じ現在形で、
彼が「現在」テニスをすることが
is saidと「現在」言われています。

よって、toの後ろにplaysの原形
playを置いて以下のようになります。

He is said to play tennis.

これに対して以下の文では、

It is said that he played tennis.

彼が「過去のある時点」で
テニスをしたことが「現在」言われており、
that節の時制が主節の時制より1つ古いです。

この場合、He is said to ~ に
書き換える時に、to ~の部分で
isという現在より1つ古い「過去」
であることを表さなければなりません。

不定詞は「to+動詞の原形」なので
toの後ろに「過去のこと」を表すために、
過去形のplayedを置くことはできません。

しかし、to playでは1つ目の文と
同じで現在のことになってしまうので、
to playedも使えません。

この場合に不定詞の完了形を用い、
以下のように書き換えることができます。

He is said to have played tennis.
「彼は、テニスをしたと言われている。」

主節が過去でthat節が大過去

次に、以下の文の書き換えてみます。

It was said that he had been rich.
「彼は、お金持ちだったと言われていた。」

この文ではwas saidと
主節の時制が「過去」で、
that節の時制がhad beenと
「過去完了」になっています。

この過去完了形は大過去で、
過去より古い時の状態や動作を表します。

この文は、過去のある時点で、
その時点よりさらに過去に彼が
「お金持ちだった」といことが
「~だったと言われていた」と
噂されていたことを表しています。

例えば彼は10年前にお金持ちで、
そのことについて話されたのが
昨日だったという状況です。

よって、主節の時制「過去」より
that節中の時制「大過去」が1つ古いので、
不定詞の完了形を用いて以下のように表します。

He was said to have been rich.
「彼は、お金持ちだったと言われていた。」

これで、過去のある時点で
「彼がお金持ちだった」ことを、
それより後の過去のある時点で
「~だったと言われていた」と
彼について話されたことを表します。

以下の例文のように、

It was said that he was rich.
「彼は、お金持ちであると言われていた。」

主節の時制がwas saidと過去形で、
that節の時制がwasと同じ過去形の場合、
以下のように通常の不定詞を用います。

He was said to be rich.

不定詞の完了形は不定詞の時制が
主節の時制より1つ古い時制の時に用い、
意味は「~だった(こと)」となります。

不定詞の完了形の問題

問題.以下の文を日本語に訳しなさい。

(1)He seems to live in London.

(2)He seems to have liveed in London.

(3)He seemed to know Bob.

(4)He seemed to have met Bob two years before.
  ※two years before
 「(過去のある時点から)2年前」

(5)He is said to be sick.
  ※be sick「病気である」

(6)He is said to have been sick.

(7)He was said to live in Paris last year.

(8)He was said to have lived in Paris two years before.

答えはこのページの下にあります。

不定詞のまとめ無料レポート

英語の不定詞の解説を3ページ
にまとめた無料レポートです。

不定詞のまとめ無料レポート

他にも、無料レポートには主要
英文法の解説を各単元2~3ページ、
合計27ページにまとめてあるので
英文法の学習に役立てて下さい。

誰でもできる!毎日5分英文法
無料レポートの申請はこちら

練習問題の解答

(1)「彼は、ロンドンに住んでいるようです。」

彼が「現在」ロンドンに住んでいると、
「現在」推測しています。

(2)「彼は、(以前)ロンドンに住んでいたようです。」

彼が「過去に」ロンドンに住んでいたと、
「現在」推測しています。

(3)「彼は、ボブを知っているようでした。」

彼が「(ボブを)知っていた」時点と、
「~のようだった」とそれを推測したのが
同じ時(過去)であることを表しています。

(4)「彼は、2年前ボブに会っていたようでした。」

過去のある時点から「2年前」に、
彼が「(ボブに)会っていた」ことを
「~だったようでした」と推測しています。

(5)「彼は、病気だと言われています。」

彼が「現在」病気であると、
「現在」言われているという意味です。

(6)「彼は、病気だったと言われています。」

彼が「過去に」病気だったと、
「現在」言われているという意味です。

(7)「彼は、去年パリに住んでいると言われていました。」

パリに「去年」住んでいたと
「去年」言われたというように、
住んでいたのと言われていたのが
同じ時であることを表しています。

(8)「彼は、2年前パリに住んでいたと言われていました。」

言われた時点より2年前に、
パリに住んでいたことを表しています。

不定詞の解説メニューへ戻る

sponsored link

このページの先頭へ