助動詞+受動態

ここでは、助動詞+受動態、
will・msut・can・mayについて
例文を用いて解説します。

目次

まずは、通常の受動態を復習します。


受動態の文は動詞の部分に
「be動詞+過去分詞」という形を用い、

意味は「~される」や「~された」
となります。


現在形や過去形の受動態の文は、
以下の通りです。

Dinner is cooked by her.
「夕食は、彼女によって作られます。」

The car was bought by him.
「その車は、彼によって購入されました。」


それでは、この受動態の文を未来形の

「夕食は、明日彼女によって作られるでしょう。」

という受動態に書き換えてみましょう。


明日という未来のことを
表すために助動詞のwillを用い、

その後ろにbe動詞+過去分詞
置きます。


そして、助動詞willの後ろは
動詞の原形になるのでbe動詞はbeとなり、

未来形の受動態は「will+be+過去分詞」
となります。


よって、先ほどの以下の例文を

Dinner is cooked by her.
「夕食は、彼女によって作られます。」


助動詞willを用いた未来形の受動態に
書き換えると以下のようになります。

Dinner will be cooked by her tomorrow.
「夕食は、明日彼女によって作られるでしょう。」


否定文や疑問文の作り方は、
助動詞を用いた能動態の文の
場合と同じです。


助動詞の受動態の否定文

よって、否定文は助動詞willの後ろに
notを付けて以下のようになります。

Dinner will not be cooked by her tomorrow.
「夕食は、明日彼女によって作られない
(でしょう)。」


will notの短縮形won'tを用い、
以下のように書くこともできます。

Dinner won't be cooked by her tomorrow.


助動詞の受動態の疑問文

疑問文は助動詞willを主語の前に出し、
文末にクエッションマーク?を付けて
以下のようになります。


Will dinner be cooked by her tomorrow?
「夕食は、明日彼女によって作られる
でしょうか。」


答え方はYesまたはNoとwillを用い、
以下のようになります。

Yes, it will.
「はい、作られるでしょう。」

No, it won't.
「いいえ、作られないでしょう。」


ここからは、must・can・mayを
用いた受動態について解説します。


助動詞mustの受動態

まず、「be動詞+過去分詞」の前に
助動詞must「~にちがいない」を
置いた文を考えてみましょう。


以下の受動態の文の
is boughtの前にmustを置くと、

The car is bought by him.
「その車は、彼によって購入されます。」


must be 過去分詞という形になるので
以下のようにisはbeとなります。

The car must be bought by him.
「その車は、彼によって購入される
にちがいない。」


canやmayなど他の助動詞でも、
受動態は「助動詞+be+過去分詞」
となります。


助動詞canの受動態

助動詞の後ろの動詞は原形で
be動詞は必ず原形のbeになるため、

canを用いた受動態の形は
「can be 過去分詞」となります。


以下の通常の受動態の文に、

The car is bought by him.
「その車は、彼によって購入されます。」


「~でありうる」という
可能性の意味のcanを付けると
以下のようになります。

The car can be bought by him.
「その車は、彼によって購入される
可能性があります。」


助動詞mayの受動態

mayを用いた受動態の作り方も、
他の助動詞の受動態と同じです。


以下の通常の受動態の文に、

The car is bought by him.
「その車は、彼によって購入されます。」


「~かもしれない」という
推量の意味のmayを付けると
以下のようになります。

The car may be bought by him.
「その車は、彼によって購入される
かもしれない。」

助動詞+受動態の問題

問題.以下の受動態の文を()内の
   助動詞を加えて書き換えなさい。

(1)The box is open by my son.
  (may「~かもしれない」)

(2)The fruits are cut by Yuki.
  (must「~にちがいない」)

(3)The house is bought by Ken.
  (will)


答えはこの下にあります。

練習問題の解答

(1)The box may be opened by my son.
  「その箱は、息子によって開けられる
   かもしれない。」

(2)The fruits must be cut by Yuki.
  「その果物は、ゆきによってカット
   されるにちがいない。」

(3)The house will be bought by Ken.
  「その家は、ケンによって購入される
   でしょう。」

※助動詞の後ろに受動態を置く時、
 be動詞は必ず原形のbeです。

受動態の解説メニューへ戻る

受動態のまとめ無料レポート

受動態の形と意味、否定文と疑問文、
助動詞、進行形、完了形の受動態などを
2ページにまとめた無料レポートです。

受動態のまとめ無料レポート

他にも、無料レポートには主要
英文法の解説を各単元2~3ページ、
合計27ページにまとめてあるので
英文法の学習に役立てて下さい。

誰でもできる!毎日5分英文法
無料レポートの申請はこちら

スピーキング上達e-bookプレゼント

英語のスピーキング上達のコツ

↓e-bookのダウンロードはこちら↓

※メールが届かなくなることがありますので、
@icloud.com以外のアドレスでご登録下さい。

観るだけで英語が上手くなる無料番組

日常英会話や海外旅行で使う英会話を
2ヵ月でマスターするコツが分かる!

無料番組の詳細はこちら

イングリッシュブレイクスルー


参考書より英文法解説のトップへ戻る

このページの先頭へ