seeの第5文型での使い方

第5文型[SVOC]で動詞がseeの場合
について例文を用いて解説します。

目次

第5文型(SVOC)の動詞がseeで
Cに形容詞が入ったsee O Cという形は、
「OがCの状態であるのを見る」という
意味になります。

例えば、以下の例文は、

I saw her happy.

S:I、V:saw、O:her、
C:happyの第5文型ですが、
以下のような意味になります。

「私は、彼女が幸せなのを見た。」

この英文の直訳は、
「私は、彼女が幸せな状態
であるのを見た。」となりますが、

より自然な日本語訳として
「私は、彼女が幸せなのを見た。」
としました。


seeは知覚動詞なので、
第5文型SVOCのCの不定詞が
入る時は原形不定詞になります。

例えば、以下の例文は、

He will see her sing well.
「彼は、彼女が上手に歌うのを聞くだろう。」

「彼女=上手に歌うこと」という
her = sing wellの関係が成り立ち、

S:He、V:will see、O:her、
C:sing wellの第5文型になります。

sing wellの部分の意味は
「上手に歌うこと」という不定詞の
名詞的用法to sing wellですが、

知覚動詞のseeの後ろでは
原形不定詞のsing wellとなります。


以下のように、第5文型SVOCで
see O 現在分詞という形もあります。

We saw him crossing the street.
「私達は、彼が道を横切るのを見た。」

この英文は「彼=道を横切っている」と
him = crossing the streetの関係が成り立ち、
S:We、V:saw、O:him、C:crossing
the streetの第5文型になります。

「彼」は「横切っている」と
himとの関係が能動で進行中なので、
crossingと現在分詞を用います。


以下のように、第5文型SVOCで
see O 過去分詞という形もあります。

They will see him surprised at it.
「彼らは、彼がそれに驚くのを見るだろう。」

この英文は「彼=それに驚く」と
him = surprised at itの関係が成り立ち、
S:They、V:will see、O:him、
surprised at itの第5文型になります。

「彼」は「驚かされている」と
himとの関係が受け身の関係なので、
surprisedと過去分詞を用います。

文型の解説メニューへ戻る

文型のまとめ無料レポート

第1文型から第5文型まで、
英語の文型の種類と特徴について
2ページにまとめた無料レポートです。

文型のまとめ無料レポート

他にも、無料レポートには主要
英文法の解説を各単元2~3ページ、
合計27ページにまとめてあるので
英文法の学習に役立てて下さい。

誰でもできる!毎日5分英文法
無料レポートの申請はこちら

sponsored link

このページの先頭へ