前置詞aboutの意味と使い方

前置詞aboutの意味と使い方について、
例文を用いて解説しています。

目次

aboutの「~について」という意味を、
以下に例文を用いて解説していきます。

He may know something about the accident.
「彼は、その事件について何か知っているかもしれません。」


about the accident
「その事件について」は、

something「何か」という名詞を
修飾している形容詞句になります。


句は複数の単語がセットになって、
一つの意味を表すものです。


以下もaboutを用いた例文で、

What are you talking about?
「何言ってるの。」

直訳は「あなたは、何について
話しているんですか」となりますが、

会話では「何言ってるの」という
意味で用いられることもあります。


以下もaboutを用いた例文で、

I'm crazy about soccer.
「私はサッカーに夢中です。」

直訳は「私は、サッカーについて
夢中になっています」となりますが、
「私はサッカーに夢中です」としました。


この場合はbe crazy about ~ で、
「~に夢中です」と覚えましょう。

前置詞aboutには
「およそ」という意味があり、
以下に例文を用いて解説します。

She may be about my age.
「彼女は、私とだいたい同じ年齢かもしれない。」


この例文のabout my ageは
「およそ私の年齢」となりますが、

より自然な日本語にするために
「だいたい同じ年齢」としました。


以下もaboutを用いた例文で、

It costs about 10,000 yen.
「それは、およそ1万円かかります。」

about 10,000 yenは「約1万円」
と訳してもOKです。


以下もaboutを用いた例文で、

We'll finish this work about the end of this month.
「私達は、今月末頃この仕事を終えるだろう。」

about the end of this month
は「およそ今月末」となりますが、

より自然な日本語にするために
「今月末頃」としました。

前置詞aboutには形容詞と
セットで用いる表現があり、
以下に例文を用いて解説します。

He is careful about his appearance.
「彼は、外見に気をつけています。」


そして、careful aboutの直訳は
「~について注意深い」となりますが、

より自然な日本語にするために
「~に気をつけている」としました。


以下もaboutを用いた例文で、

They are careless about their work.
「彼らは、仕事に関してだらしがありません。」

careless aboutの部分を直訳すると
「~についていいかげんな」となりますが、

より自然な日本語にするために
「~に関してだらしがない」としました。


以下もaboutを用いた例文で、

She is enthusiastic about cooking.
「彼女は、料理(をすること)に情熱を持っています。」

enthusiastic aboutを直訳すると
「~について情熱的な」となりますが、

より自然な日本語にするために
「~に情熱を持っている」としました。


また、前置詞の後ろは名詞のみなので、
動詞の場合はcooking「料理をすること」と
動名詞の形にします。

ここで解説した形容詞+aboutの表現は、
熟語のように覚えておきましょう。

There is … about ~
という形で用いられる時、

前置詞aboutは人や物が持つ
雰囲気を表して「~には」
という意味になります。


以下はThere is … about ~ の例文で、

There is something noble about the building.
「その建物には、何か高貴なものがある。」

about the buildingで「その建物には」
という意味になります。


そして、something+形容詞で
「何か~」といういう意味になり、

something nobleは「何か高貴な」や
「高貴な何か」となります。


以下もaboutを用いた例文で、

There is something strange about this house.
「この家は、何か変です。」

something strangeは
「何か変な」という意味で、

something strange about this house
の直訳は「この家には何か変な」ですが、
より自然なので「何か変です」としました。


以下もaboutを用いた例文で、

There may be something about her.
「彼女には(魅力的な)何かがあるのかもしれない。」

be something about herの直訳は
「彼女には何かがある」となりますが、

これは人が惹きつけられる何かがある
という意味になるようです。


There is+前置詞aboutの表現は、

There is something about ~ で
「~には何かがある」と熟語として
覚えておくとよいと思います。

前置詞の解説メニューへ戻る

無料レポート&無料メルマガ

時制のまとめ無料レポート

この無料レポートには当サイトの
英文法の解説を各単元2~3ページ、
合計27ページにまとめてあるので
英文法の学習に役立てて下さい。

誰でもできる!毎日5分英文法
無料レポートの申請はこちら

スピーキング上達e-bookプレゼント

英語のスピーキング上達のコツ

↓e-bookのダウンロードはこちら↓

※メールが届かなくなることがありますので、
@icloud.com以外のアドレスでご登録下さい。

参考書より英文法解説のトップへ戻る

このページの先頭へ