前置詞atの意味と使い方

前置詞atの意味と使い方について、
例文を用いて解説しています。

目次

前置詞atが場所を表す場合には、
一点のイメージになります。

意味は、「~で」や「~に」となります。

以下の英文で、バス停は
地図上の一点のイメージになります。

I got off a bus at the bus stop.
「私は、そのバス停でバスを降りた。」

以下のように、交差点も
地図上の点のイメージです。

Turn right at the next intersection.
「次の交差点を右に曲がって下さい。」

以下のように、
ある場所に出席している
という意味でも用いられます。

I met my friends at a wedding last sunday.
「私は、先週の日曜日に結婚式で友人(達)にあった。」

結婚式は結婚式場で行われるので、
結婚式場は地図上の一点と考える
ことができます。

前置詞atが時を表す場合には、
一点のイメージになります。

和訳する時には「~に」となり、
主に以下のように時刻を表します。

The meeting will be over at 3 p.m.
「その会議は、午後3時に終わるでしょう。」

以下のように、
順序を表す場合にも
atが用いられます。

He passed the test at the second attempt.
「彼は、2回目の試みでそのテストに合格した。」

at lastは「最後に」という意味ですが、
「ついに」「やっと」と訳すこともあり
結果が肯定的な場合に用いられます。

I got a driver's license at last.
「私は、ついに(やっと)運転免許証を手に入れました。」

以下のat any time「いつでも」
のatは頻度を表すatです。

You can use this room at any time.
「あなたは、いつでもこの部屋を使うことができます。」

時刻のatは問題ないと思いますが、
順序、頻度のatは意識しながら繰り返し
使うことで感覚的にものにして下さい。

前置詞atは方向・目標を表し、
「~に対して」「~に向かって」
「~に目がけて」という意味を
持っています。

例えば以下の文はlaugh at me
で「私を笑う」と訳しますが、
厳密にはat meで「私に対して」
という意味になります。

They laughed at me.
「彼らは、私に対して笑った。」
→「彼らは、私を笑った。」

以下の文もlook at meで
「私を見た」と訳しますが、
厳密にはat meで「私に対して
(向かって)」という意味になります。

They looked at me.
「彼らは、私に対して見た。」
→「彼らは、私を見た。」

共にmeが目標(ターゲット)
になっています。

また、私のほうを見たと、
方向と捉えることもできます。

他にも以下のように用いられます。

He stared at me.
「彼は、私を見つめた。」

※stareは「凝視する」や
 「見つめる」という意味です。

He glanced at her.
「彼は、彼女をチラッと見た。」

※glanceは「チラッと見る」
 という意味です。

前置詞atは、「~の(状態・立場)で」
「~中[ちゅう]」と、人や物がある状態・
状況にあるという意味を持っています。

例えば以下の文のat dinnerは
夕食を食べている状況を表し、
「夕食時に」という意味になります。

I talked about the move with my wife at dinner.
「私は、夕食時に妻と引越しについて話した。」

以下のat warは戦争が
起こっている状態を表し、
「戦争中」という意味になります。

The country is at war, so it's dangerous to visit there.
「その国は戦争中なので、訪問するのは危険です。」

feel at easeのatも
状態・状況のatの仲間ですが、
この場合はfeel at easeで
「のびのびする」「気兼ねしない」と
熟語のように覚えておきましょう。

I want you to feel at ease with me.
「(私は、あなたに)私といる時は気兼ねしないで欲しい。」

前置詞atは感情を表す動詞・
形容詞・名詞の後ろで用いられ、
「~に」という意味で感情の原因
を表すことがあります。

例えば以下の文で、
at her attitude「彼女の態度に」は
was surprised「驚いた」原因を表しています。

He was surprised at her attitude.
「彼は、彼女の態度に驚いた。」

以下の文で、at his mistake
「彼の間違いに」はirritation「苛立ち」
(名詞)の原因を表しています。

I felt irritation at his mistake.
「私は、彼のミスに苛立ちを感じた。」

以下の文で「私に(対して)」は、
angry「怒って」(形容詞)の原因
を表しています。

He was angry at me.
「彼は、私に(対して)怒っていた。」

※He was angry with me.と、
 withを用いても同じ意味になります。

前置詞atは「~で」という意味で、
数量、代価、割合を表すことがあります。

以下は、例文です。

He got married at 30.
「彼は、30歳で結婚しました。」

We asked women at the ages of 20 and 60.
「20歳から60歳までの女性に質問した。」

Water boils at 100 degrees Celsius.
「水は、摂氏100度で沸騰する。」

The car was running at 80 kilometers per hour.
「その車は、時速80キロで走っていた。」

I bought this motorbike at 20% off.
「私は、20%引きでこのオートバイを買いました。」

Homemakers had the highest rate of obesity at 30%.
「専業主婦は、30%と最高の肥満率だった。」

I got the ticket at a good price.
「私は、安くそのチケットを手に入れました。」

前置詞atは「~の点で」
「~において」という意味で、
能力や性質の所在を表すことがあります。

以下は、例文です。

I'm good at playing soccer.
「私は、サッカーをすることが得意です。」

上の例文を直訳すると
「私は、サッカーをすること
においてよい。」となりますが、
be good at ~ で「~をすることが
得意です」と覚えておきましょう。

前置詞の後ろは名詞が置かれ、
動作を置く場合は動名詞の形
(動詞のing形)になります。

He is poor at swimming.
「彼は、水泳が下手です。」

※be poor at ~ も
「~するのが下手です」と、
 熟語として覚えてしまいましょう。

She is a genius at playing the piano.
「彼女は、ピアノを弾くことにおいて天才です。」

英文法解説[前置詞]へ戻る

脳の特性に沿った英会話上達法

以下は、日本語環境で育った日本人の大人が
脳の特性に沿って英会話を上達できる方法を
無料で学べる動画&メール講座です。

日本人の大人の脳の特性にあった
英会話上達法の全10回無料講座

sponsored link

このページの先頭へ