前置詞inの意味と使い方

場所のinは、「~の中に」と
空間の中にという意味を表します。


以下は、例文です。

He lives in the house.
「彼は、その家に住んでいます。」

Your pen is in the box.
「あたなのペンは、その箱の中にあります。」


以下のように概念的な場所も含み、

We learned it in English class.
「私達は、英語の授業でそれを学びました。」

この場合inは「~で」「~において」
という意味になります。


English class「英語の授業」は
物理的な場所(空間)ではなく、

概念的な場所なので無冠詞になり
aやtheは付きません。


go to school「学校へ行く」の
schoolに冠詞が付いていないのも、
概念的な場所と捉えるからです。


以下のように、English classに
aを付けてan English classとすると、

We learned it in an English class.

とある一つの英語の授業でという
ニュアンスになります。


in English classも、
in an English classも、

「英語の授業で」という意味ですが
表すニュアンスが変わります。

前置詞inには「~の方に」
「~へ」という意味があり、
方向を表します。


以下は方向を表す例文ですが、

The sun rises in the east.
「太陽は、東から登ります。」

「東の方に登ります」
だと日本語として不自然なので、
「東から登ります」とします。


「太陽」「東」「西」など、
世の中に一つしかないものには、

以下の例文のように1回目に
出てきた時からtheが付きます。

The sun sets in the west.
「太陽は、西に沈みます。」

the east, the westという方角の他、
the sun, the earthなどがあります。


以下の例文で用いられているbranchには、
「分岐する」という意味があります。

The street branches in five directions.
「その通りは、5方向に分かれています。」


そして、以下の直訳だと、

「5つの方向に分岐しています」

日本語として少し不自然なので
以下のように訳しました。

「5方向に分かれています。」

前置詞のinには、
「(乗り物に)乗って」
という意味もあります。


以下は乗り物の例文ですが、

He is waiting for her in his car.
「彼は、(彼の)車の中で彼女を待っている。」

「車に乗って彼女を待っている」
だと少し不自然なので「車の中で
彼女を待っている」としました。


以下のように、carやtaxiなど、
比較的小さい乗り物にはinを用い、

We got in a taxi.
「私達は、タクシーに乗った。」


bus、airplane、shipなど比較的大きい
乗り物には以下のようにonを用います。

They have to get on the bus.
「彼らは、そのバスに乗らなければならない。」


※ただし、bus、airplane、shipに
inを用いることもよくあるようです。

They have to get in the bus.
「彼らは、そのバスに乗らなければならない。」

前置詞のinには、

「着て」「履いて」「かけて」
「かぶって」「~を身につけて」

と着用を表す意味があります。


以下は着用の例文で、

She looks good in red.
「彼女は、赤がよく似合う。」


直訳は「赤を身につけている
とよく見える」となりますが、

日本語として不自然なので
「赤がよく似合う」とします。


以下も着用の例文で、

He looks good in glasses.
「彼は、メガネが似合っている。」


直訳は「メガネをかけている
とよく見える」となりますが、

日本語として少し不自然なので
「メガネが似合っている」とします。


この例文のdressは、

She dressed in the uniform of her company.
「彼女は、(彼女の)会社の制服を着ていた。」

「服を着ている」という意味の自動詞で、
目的語をとることができないのでdressの前に
前置詞inが必要になります。

前置詞inには、「~の状態で」
「~の中で(を)」と状態や
環境を表す意味があります。


以下は状態の例文で、

She was crying in despair.
「彼女は、絶望して泣いていた。」

直訳は「絶望した状態で泣いていた」
となりますが日本語としてくどいので、
「絶望して泣いていた」としました。


以下も状態の例文で、

He shouted in excitement.
「彼は、興奮して叫んだ。」

直訳は「興奮した状態で叫んだ」
となりますが日本語としてくどいので
「興奮して叫んだ」としました。


以下も状態の例文で、

I want to stay in good health.
「私は、健康でいたい。」

直訳は「健康な状態でいたい」
となりますが日本語としてくどいので
「健康でいたい」としました。


以下は環境の例文で、

I walked to the station in the rain.
「私は、雨の中を駅まで歩いた。」

in the rainは雨という環境の中を
歩いたということを表しています。


以下も環境の例文で、

Children were playing in the dark.
「子供達は、暗闇の中で遊んでいた。」

in the darkは暗闇という環境の中で
遊んでいたということを表しています。

前置詞inには、「~の間の内で」
「~の間」「(今から)後に」と
時間(時)を表す意味があります。


以下は時間の例文で、

I often go fishing in summer.
「私は、夏によく釣りに行きます。」

直訳すると「夏の間に」となりますが
少しくどいので「夏に」としました。


そして、以下の例文のように、

He'll come back in a few days.
「彼は、2,3日で戻ってくるでしょう。」

inの後ろは、月、季節、年など、
比較的長い期間がきます。


また、この例文を直訳すると
「(今から)2,3日後に」となりますが、
少しくどいので「2,3日で」としました。


以下の例文のin yearsは、

I haven't seen him in years.
「私は、何年も彼に会っていません。」

直訳すると「数年の間の内で」
となりますが、少しくどいので
「何年も」と訳しました。


※I haven't seen him for years.
 でも同じ意味になります。

前置詞のinには、「~において」
「~につき」「~が」と範囲を表す
意味があります。


以下は範囲の例文で、

We have something in common.
「私達には、共通点がある。」


直訳は「私達は共通のことに
おいて何かを持っている」ですが、

日本語としてくどいので
「私達には共通点がある」とします。


以下も、範囲の例文です。

He is strong in mind.
「彼は、精神的に強い。」

「彼は精神が強い」でもOKです。


以下の例文は、

It's two meters in length.
「それは、長さが2メールある。」


直訳すると「長さにおいて
2メートルある」となりますが

日本語として少し不自然なので
「長さが2メートルある」とします。


以下の例文は、

These are sold in dozens.
「これらは、ダースで売られている。」


直訳は「ダースにつき(毎に)
売られている」となりますが、

日本語として少し不自然なので
「ダースで売られている」とします。

前置詞のinには、「~で」と
手段・方法を表す意味があります。


以下の例文は、

She is good at painting in oil.
「彼女は、油(絵具)で絵を描くことが得意です。」

油絵具という“手段で”
絵を描くということを表します。


この英文のinは、“道具で”と
考えることもできます。


以下の例文では、

Please fill in this form in pencil.
「鉛筆で、このフォームに記入して下さい。」

鉛筆を手段(または道具)と考えます。


以下は、方法の例文です。

I solved the problem in this way.
「私は、この方法でその問題を解決した。」

前置詞inには、「~になって」
「~をなして」と配置・形状を表す
意味があります。


以下の例文で、in a circleは
配置を表しています。

They are dancing in a circle.
「彼らは、輪になって踊っています。」


以下の例文で、in a groupは
形状を表しています。

Birds are flying in a group.
「鳥が、群れをなして飛んでいます。」


以下の例文は、

We will do that in a group of ten.
「私達は、10人のグループでそれをするつもりです。」


in a group of tenを直訳すると
「10人のグループになって」ですが、

より自然な日本語訳になるように
「10人のグループで」とします。

以下に、熟語のように覚えると良い
前置詞inを用いた表現を紹介します。


・in recent years「近年」


・in the past century
 「この1世紀で」

※直訳すると「その過去の
 世紀の中で」となりますが、

 日本語として不自然なので
「この1世紀で」とします。


・in the cases at ~「~の場合では」

※~には場所が入ります。

例)in the cases at the hospital
  「その病院の場合では」


・in the charge of ~「~の担当」


・in middle age「中年になっても」


・in the event ~「~の場合(に)」

※~には文章が入ります。

例)in the event he doesn't come
  「彼が来ない場合」


・invest in ~「~に投資する」


・a surge in ~「~の急増」

例)a surge in university enrollments
  「大学入学者の急増」


・in ~「~の」

例)It contributes to good health in women.
 「それは、女性の健康維持に貢献しています。」


・lack in ~「~が不足している」

例)They're lacking in common sense.
「彼らは、常識が欠けている(不足している)。」


・in alarm「心配して」

例)She asked me that in alarm.
「彼女は、心配して私にそのことを聞いた。」


・be rich in ~「~に恵まれている」

例)This place is rich in landmarks.
「この場所は、歴史的建造物(名所旧跡)に恵まれている。」


・be successful in ~「~に成功した」

例)We were successful in holding the event.
「私達は、そのイベントを開催することに成功した。」


前置詞の解説メニューへ戻る

無料レポート&無料メルマガ

時制のまとめ無料レポート

この無料レポートには当サイトの
英文法の解説を各単元2~3ページ、
合計27ページにまとめてあるので
英文法の学習に役立てて下さい。

誰でもできる!毎日5分英文法
無料レポートの申請はこちら

スピーキング上達e-bookプレゼント

英語のスピーキング上達のコツ

↓e-bookのダウンロードはこちら↓

※メールが届かなくなることがありますので、
@icloud.com以外のアドレスでご登録下さい。

参考書より英文法解説のトップへ戻る

このページの先頭へ