前置詞throughの意味と使い方

前置詞throughの意味と使い方について、
例文を用いて解説しています。

目次

前置詞throughには、
「~を通り抜けて」という貫通と
「あちこち」という場所を表す
意味があります。

以下は、例文です。

I went through the central ticket Gate.
「私は、中央改札を通り抜けた。」

went through the central ticket Gate
の直訳は「中央改札を通り抜けて行った」
となりますが、より自然な日本語として
「中央改札を通り抜けた」としました。

He came in through the door.
「彼は、そのドアから入ってきた。」

came inは「(~の中に)入ってきた」
という意味で、came in through the door
の直訳は「そのドアを通り抜けて入って
きた」となりますが、より自然なので
「そのドアから入ってきた」としました。

We will travel through the whole country.
「私達は、全国を旅するつもりです。」

through the whole countryの直訳は
「その国全体あちこちを」となりますが、
不自然なので「全国を」としました。

travel throughとthroughを
用いるとどちらかというと直線的で、
travel aroundとaroundを用いると
ぐるっと周遊する感じになります。

前置詞throughには、
「(…から)~まで」という時間と
「~を終えて」という完了を表す
意味があります。

以下は、例文です。

The shop is open from Monday through Friday.
「そのお店は、月曜日から金曜日まで開いています。」

このthroughは「~まで」
と時間の意味になりますが、
from Monday through Fridayは金曜日を
含みますが、from Monday until Fridayと
until「~まで」を用いると金曜日を
含まないこともあります。

He is halfway through the book.
「彼は、その本を途中まで読んでいます。」

このthroughは「~を終えて」
と完了の意味になりますが、

is halfway through the bookの
直訳は「その本を終えて半分です」
と不自然な日本語になるので
「その本を途中まで読んでいます」
としました。

be halfway through ~ で
「~の途中です」と熟語のように
覚えておきましょう。

もう一つ、get through
「通過する」「合格する」「し終える」
という熟語も良く用いられるので
覚えておきましょう。

I want to get through the exam.
「私は、その試験に合格したい。」

以下に、フレーズで覚えると良い
前置詞throughを用いた表現を紹介します。

・(all) through the night「一晩中」

I played the game (all) through the night.
「私は、一晩中ゲームをしました。」

以下のように、
(all) through the nightの変わりに
all nightを用いても同じ意味になります。

I played the game all night.
「私は、一晩中ゲームをしました。」

・An idea passes through one's mind
「考えが浮かぶ」

A good idea passed through my mind.
「良い考えが浮かびました。」

以下でも同じ意味になります。

A good idea crossed my mind.
「良い考えが浮かびました。」

英文法解説[前置詞]へ戻る

脳の特性に沿った英会話上達法

以下は、日本語環境で育った日本人の大人が
脳の特性に沿って英会話を上達できる方法を
無料で学べる動画&メール講座です。

日本人の大人の脳の特性にあった
英会話上達法の全10回無料講座

sponsored link

このページの先頭へ