複合関係副詞however

複合関係副詞howeverの意味と
使い方、no matter howとの
書き換えについて解説します。

目次


複合関係副詞のhoweverは、
however+形容詞(副詞+主語+動詞+~
という形で「どんなに~しても」
という意味になります。

文の作り方は感嘆文と同じ

複合関係副詞however
の後ろにくる文の形は、
以下のようなhowを用いた
感嘆文の形と同じです。

How busy he is!
「彼は、なんて忙しいんだろう。」

How difficult it is!
「それは、なんて難しいんだろう。」


以下の例文をみてみましょう。

However hard I try, I can't do it.
「どんなに一生懸命挑戦しても、
私はそれをすることができない。」

この文でHowever hard I tryは、
「どんなに一生懸命挑戦しても」→
「できない」と動詞を修飾している
節なので副詞節となります。

※副詞は、動詞、形容詞、
副詞を修飾します。

他の複合関係詞whenever・
whereverと違い、howeverは後ろに
形容詞または副詞が付きます。


また、以下のようにhoweverを
no matter howに置き換えること
ができます。

No matter how hard I try, I can't do it.
「どんなに一生懸命挑戦しても、
私はそれをすることができない。」

複合関係副詞howeverの問題

問題.以下の文を日本語に訳しなさい。

(1)However busy I am, I'll help you.
 = No matter how busy I am, I'll help you.

(2)He never gives up however difficult it is.
 = He never gives up no matter how difficult it is.

答えはこのページの下にあります。

複合関係詞のまとめ無料レポート

複合関係詞(複合関係代名詞と
複合関係副詞)の種類と意味などを
1ページにまとめた無料レポートです。

複合関係詞のまとめ無料レポート

他にも、無料レポートには主要
英文法の解説を各単元2~3ページ、
合計27ページにまとめてあるので
英文法の学習に役立てて下さい。

誰でもできる!毎日5分英文法
無料レポートの申請はこちら

練習問題の解答

(1)「どんなに忙しくても、
   私はあなたを手伝うつもりです。」

(2)「それがどんなに難しくても、
   彼は決してあきらめません。」

複合関係詞の解説メニューへ戻る

sponsored link

このページの先頭へ