英語の命令文

英語の命令文の作り方と訳し方、
主語と文型、否定の命令文について
例文を用いて解説します。

目次


命令文は何かを命令する時に用い、
文の作り方は動詞の原形で始まり
意味は「~しなさい」となります。

以下の文は、通常の文です。

You speak English here.
「あなたは、ここで英語を話します。」

この文は、あなたが「英語を話す」
という現在の事実を表しています。

この文で主語のYouを取ると、
以下のように命令文になります。

Speak English here.
「ここでは、英語を話しなさい。」

be動詞の場合も同じで主語はなく、
be動詞の原形beで始まります。

Be careful.「注意しなさい。」


命令は「あなた」や
「あなた達」にするので
命令文の主語は必ずYouになり、

明らかに分かる主語Youは省略され
命令文は動詞の原形から始まります。

ほとんどの方が命令文は動詞の原形で
始まると覚えてしまっていると思いますが、
命令文に主語がないのは言わなくても
主語はYouと分かるからという説もあります。

文型を考える時は、動詞の前に
主語Youを置いてみると分かります。

例えば以下の命令文なら、

Speak English here.
「ここでは、英語を話しなさい。」

Speakの前にYouを置いて以下にすると、

You speak English here.

S:You V:speak O:Englishの
第3文型と分かります。

また、以下の命令文なら、

Be careful.「注意しなさい。」

beの前にYouを置いて
Beをareにして以下にすると、

You are careful.

S:You V:are C:carefulの
第2文型と分かります。


命令文の否定(禁止の命令文)は、
一般動詞でもbe動詞でも動詞の前に
Don'tを置き、意味は「~するな」
「~してはいけない」となります。

Don't run in this room.
「この部屋の中では走ってはいけない。」

Don't be noisy.
「騒がしくしてはいけない。」

命令文の否定(禁止の命令文)は、
以下のように助動詞mustの否定
must not(省略形はmustn't)と
同じような意味になります。

You musntn't run in this room.
「(あなたは、)この部屋の中では走ってはいけない。」

You mustn't be noisy.
「(あなたは、)騒がしくしてはいけない。」

否定の命令文を作る時に
Don'tの代わりにNeverを置くと、
「絶対に~してはいけない」のように
禁止の意味が強調されます。

Never run in this room.
「絶対にこの部屋の中で走ってはいけない。」

Never be noisy.
「絶対に騒がしくしてはいけない。」

命令文の作り方の問題

問題.以下の日本語の意味になるように
   英文を作りなさい。

(1)「毎日英語を勉強しなさい。」

(2)「正直になりなさい。」
  ※honest「正直な」

(3)「その箱を開けてはいけない。」

(4)「絶対にその箱を開けてはいけない。」

答えはこのページの下にあります。

文の種類まとめ無料レポート

英語の命令文・感嘆文・疑問文・
否定文など文の種類を3ページ
にまとめた無料レポートです。

他にも、無料レポートには主要
英文法の解説を各単元2~3ページ、
合計27ページにまとめてあるので
英文法の学習に役立てて下さい。

誰でもできる!毎日5分英文法
無料レポートの申請はこちら

文の種類まとめ無料レポート

練習問題の解答

(1)Study English everyday.

(2)Be honest.

(3)Don't open the box.

(4)Never open the box.

英文法解説[文の種類]へ戻る

sponsored link

このページの先頭へ