確定した未来の予定は現在形

確定した未来の予定には現在形を
用いるという英語の定義について
例文を用いて解説します。

目次

まず、英語の現在形と未来形
について復習します。

通常の現在形

通常、現在の事実や状態を表す時は
以下のように現在形を用います。

・事実

I play tennis.
「私は、テニスをします。」

・状態(または事実)

He lives in Tokyo.
「彼は、東京に住んでいる。」

通常の未来形

そして、主語の未来に対する意思や
未来の予定、動作、状態などを表す時は、
以下のように未来形を用います。

・主語の意志

I will play tennis tomorrow.
「私は、明日テニスをするつもりです。」

・未来の状態

He will live in Tokyo next year.
「彼は、来年東京に住むでしょう。」

ここで、未来形(will)を用いた
以下の例文について考えてみます。

I will leave Japan.
「私は、日本を去るつもりです。」

この未来形の文は主語である
私が将来は日本を去るつもりと、
その場で考えて言っているような
状況を表します。


ところが、飛行機のチケットも購入し、
明日日本を去ることが確定している場合は
未来のことでも以下のように現在形を用います。

I leave Japan tomorrow.
「私は、明日日本を去ります。」

飛行機のチケットを購入している場合、
日時が決まっており、チケットは高いので
キャンセルすることも普通ありません。

確定した未来の予定を表す場合には、
このように現在形を用います。

日本語訳も「~するつもり」や
「~するでしょう」という通常の
未来形と異なり、「~します」と
言い切るような感じになります。

この定義でよく使われる動詞は、
往来発着の動詞と呼ばれるgo「行く」、
come「来る」、leave「去る(発つ)」、
arrive「到着する」の4つです。

※leave for ~ で「~へ出発する」

以下は、goを用いた例文です。

She goes to Kyoto next week.
「彼女は、来週京都に行きます。」

京都へ行くということが
「未来の確定した予定」である場合、
このように未来のことでもwillを用いず
現在形で表します。

例えば、新幹線の指定席を予約し、
よほどの理由がない限りキャンセルする
ことはないという状況です。

確定した未来の予定は現在形の問題

問題.以下の文を確定した未来と考え、
   現在形を用いて書き換えなさい。

(1)I will leave for London tomorrow.

(2)He will come to America next week.

(3)Ken will arrive at Japan next month.

答えはこのページの下にあります。

時制のまとめ無料レポート

英語の時制の解説を2ページ
にまとめた無料レポートです。

時制のまとめ無料レポート

他にも、無料レポートには主要
英文法の解説を各単元2~3ページ、
合計27ページにまとめてあるので
英文法の学習に役立てて下さい。

誰でもできる!毎日5分英文法
無料レポートの申請はこちら

練習問題の解答

(1)I leave for London tomorrow.
  「私は、明日ロンドンへ出発します。」

(2)He comes to America next week.
  「彼は、来週アメリカに来ます。」

(3)Ken arrives at Japan next month.
  「ケンは、来月日本に到着します。」

(2)(3)は、主語が三人称単数なので、
動詞の最後にsを付けます。

時制の解説メニューへ戻る

sponsored link

このページの先頭へ