助動詞can[能力・可能]

canの「~できる」という
能力と可能の意味について
例文を用いて解説します。

目次

canは助動詞と呼ばれ、
文中で動詞の前に置いて、
動詞に意味を加えます。
(動詞を助けると書く!)

まず、以下の文をみてみましょう。

He plays tennis.
「彼は、テニスをします。」

この文は通常の現在形を用いた文で、
「彼がテニスをする」という現在の
事実を表しているだけです。

それでは、上の例文を元に
「彼は、テニスをすることができる」
という文を作ってみます。

ここで、play「~する」に
「~できる」という意味を加えるために
助動詞のcanを用います。

助動詞のcanは動詞の前に置き、
英文は以下のようになります。

He can play tennis.
「彼は、テニスをすることができる。」

ここで、助動詞の後ろで
必ず動詞は原形になるので、
主語が三人称単数でも動詞の
最後にsは付けません。

この文では、playsがplayと
原形になっています。

そして、canを用いると
テニスをする能力があることを表します。


以下の文は、可能の意味になります。

You can use the room.
「あなたは、その部屋を使うことができる。」

この「できる」は能力ではなく、
その部屋を使うことが可能である
ことを表します。


否定文はcanの後ろにnotを付け、
意味は「~することができない」となり、
能力がないことを表します。

先ほどの肯定文を否定文に書き変えると、
以下のようになります。

He can not play tennis.
「彼は、テニスをすることができません。」

can notの省略形can'tを用いて、
以下のように書くこともできます。

He can't play tennis.


疑問文はcanを主語の前に出し、
文末にクエッションマーク?を付け、
意味は「~することができますか」
となります。

よって、先ほどの肯定文を疑問文に
書き変えると、以下のようになります。

Can he play tennis?
「彼は、テニスをすることができますか。」

答え方はYesまたはNoとcanを用い、
以下のようになります。

Yes, he can.「はい、できます。」

No, he can't.「いいえ、できません。」


canの過去形はcouldで、
「~することができた」
という意味になります。

以下は、例文になります。

・能力

He could play tennis.
「彼は、テニスをすることができた。」

※テニスをする能力を持っていた
 という意味です。

・可能

We could see the full moon.
「私達は、満月を見ることができた。」

※満月を見ることが可能だった
 という意味です。

ここでは助動詞canの能力と可能
の意味について解説しましたが、
be able toにも能力の意味があります。

以下でbe able toの意味と使い方と
canとの違いについて解説しています。

be able toの意味とcanとの違いへ

助動詞のまとめ無料レポート

英語の助動詞の解説を2ページ
にまとめた無料レポートです。

助動詞のまとめ無料レポート

他にも、無料レポートには主要
英文法の解説を各単元2~3ページ、
合計27ページにまとめてあるので
英文法の学習に役立てて下さい。

誰でもできる!毎日5分英文法
無料レポートの申請はこちら

can[能力]の問題

問題.以下の問題に答えなさい。

(1)Ken swims fast.をcanを用いて
  「~することができる」という意味の
  文に書き換えなさい。

(2)(1)で作った文を否定文にしなさい。

(3)(1)で作った文を疑問文にしなさい。

答えはこのページの下にあります。

練習問題の解答

(1)Ken can swim fast.
 「ケンは、速く泳ぐことができます。」

(2)Ken can't swim fast.
 「ケンは、速く泳ぐことができません。」

(3)Can Ken swim fast?
 「ケンは、速く泳ぐことができますか。」

※Kenは人の名前なので、
 文の途中でも最初の文字は大文字にします。

助動詞の解説メニューへ戻る

sponsored link

このページの先頭へ