助動詞had better[忠告]

had betterの持つ忠告の意味と
使い方、否定文と疑問文について
例文を用いて解説します。

目次

had betterの意味は
「~したほうがよい」で、
canなどと同じ助動詞なので
動詞の前に置いて動詞に意味を加えます。

実際に、had betterを用いた
以下の文をみてみましょう。

You had better go there.
「あなたは、そこに行ったほうがよい。」

助動詞had betterの後ろには、
動詞の原形が置かれます。

そして、この文は相手に
忠告する意味になります。

had betterは日本語で
「~したほうがよい」ですが、
「~すべきだ」という意味の助動詞
shouldより強い忠告を表します。

You should go there.
「あなたは、そこに行くべきだ。」

日本語だとshould「すべきだ」は、
had better「~したようがよい」より
強い忠告のように聞こえます。

しかし、英語ではshouldより
had betterのほうが強い忠告を表すので
使う時には注意しましょう。


否定文はhad betterの後ろに
notを付けたhad better notで、
意味は「~しないほうがよい」
となります。

よって、以下の肯定文を
否定文に書き換えると、

You had better go there.
「あなたは、そこに行ったほうがよい。」

以下のようになります。

You had better not go there.
「あなたは、そこに行かないほうがよい。」

過去完了形had+過去分詞の
否定文had not+過去分詞と混乱し、
had not betterと間違えやすいので
注意しましょう。


had betterの疑問文は
hadを主語の前に出し、
文末にクエッションマーク?を付けて
意味は「~したほうがよいですか」
となります。

よって、以下の肯定文を
疑問文に書き換えると、

You had better go there.
「あなたは、そこに行ったほうがよい。」

以下のようになります。

Had I better go there?
「私は、そこに行ったほうがよいですか。」

しかし、had betterの疑問文は
ほとんど見かけることはありません。

had betterと近い意味を持つ
should「~すべきだ」の疑問文を用い、
以下のようになります。

Should I go there?
「私は、そこに行くべきですか。」

助動詞のまとめ無料レポート

英語の助動詞の解説を2ページ
にまとめた無料レポートです。

助動詞のまとめ無料レポート

他にも、無料レポートには主要
英文法の解説を各単元2~3ページ、
合計27ページにまとめてあるので
英文法の学習に役立てて下さい。

誰でもできる!毎日5分英文法
無料レポートの申請はこちら

had better[忠告]の問題

問題.以下の問題に答えなさい。

(1)You do the work.を
  had better「~したほうがよい」
  を用いた文に書き換えなさい。

(2)(1)で作った文を否定文にしなさい。

(3)(1)で作った文の主語をIに変え、
  疑問文に書き換えなさい。

答えはこのページの下にあります。

練習問題の解答

(1)You had better do the work.
 「あなたは、その仕事をしたほうがよい。」

(2)You had better not do the work.
 「あなたは、その仕事をしないほうがよい。」

(3)Had I better do the work?
 「私は、その仕事をしたほうがよいですか。」

助動詞の解説メニューへ戻る

sponsored link

このページの先頭へ