助動詞may[推量]

mayの「~かもしれない」という
推量の意味とmightとの確率の違い
について例文を用いて解説します。

目次

mayには「~かもしれない」
という推量の意味がありますが、
もcanと同じ助動詞なので動詞の
前に置いて動詞に意味を加えます。

実際に、推量のmayを用いた
以下の文をみてみましょう。

He may come to the party.
「彼は、パーティーに来るかもしれない。」

この文は、話し手が、
彼がパーティーに来ることを
推量(推測)しているという
ことを表しています。

助動詞の後ろは動詞の原形なので、
主語が三人称単数でも動詞にsを付けて
comesとならないので注意しましょう。


mightはmayの過去形ですが、
過去の意味で用いることはなく、
「ひょっとしたら~かもしれない」と
mayより可能性が低い推量を表します。

よって、以下の2つの文を比べると、
mightを用いた文はmayを用いた文より
彼がパーティーに来る“可能性が低い”
ということを表します。

He might come to the party.
「ひょっとしたら、彼はパーティーに来るかもしれない。」

He may come to the party.
「彼は、パーティーに来るかもしれない。」

数値で表すとmightが20~30%で、
mayが30~50%という感じですが、
個人差があるのでmightはmayより
可能性が低いと考えれば大丈夫です。


mayやmightの後ろにnotを付け、
否定文は以下のようになります。

He may not come to the party.
「彼は、パーティーに来ないかもしれない。」

He might not come to the party.
「ひょっとしたら、彼はパーティーに来ないかもしれない。」

ただし許可のmayと区別するため、
推量の意味ではmayよりmightが好んで
用いられる傾向があるようです。


疑問文は、mightを用いて
以下のようになります。

Might he come to the party?
「(ひょっとしたら、)彼はパーティーに来るかもしれませんか。」

推量の疑問文にmayを用いることは
できないので注意しましょう。

そして、状況によっては、
以下のようにDo you think ~ ?
という形を用いることもあります。

Do you think he will come to the party?
「(あなたは、)彼がパーティーに来ると思いますか。」

助動詞のまとめ無料レポート

英語の助動詞の解説を2ページ
にまとめた無料レポートです。

助動詞のまとめ無料レポート

他にも、無料レポートには主要
英文法の解説を各単元2~3ページ、
合計27ページにまとめてあるので
英文法の学習に役立てて下さい。

誰でもできる!毎日5分英文法
無料レポートの申請はこちら

may[推量]の問題

問題.以下の問題に答えなさい。

(1)It rains.の文末にtomorrowを付け、
  may「~かもしれない」という推量の
  意味を持つ文に書き換えなさい。

(2)(1)で作った文を否定文にしなさい。

(3)(1)で作った文をmightを用いて
   疑問文に書き換えなさい。

答えはこのページの下にあります。

練習問題の解答

(1)It may rain tomorrow.
  「明日雨が降るかもしれない。」

(2)It may not rain tomorrow.
  「明日雨が降らないかもしれない。」

(3)Might it rain tomorrow?
  「明日雨が降るかもしれませんか。」

助動詞の解説メニューへ戻る

sponsored link

このページの先頭へ