助動詞need[必要]

needの持つ必要の意味と、
否定文、疑問文について
例文を用いて解説します。

目次

needもcanと同じ助動詞で
動詞の前に置いて用いるので、
肯定文は以下のようになりますが、

He need pay money.
「彼は、お金を払う必要がある。」

助動詞needは肯定文で用いることはなく、
通常否定文と疑問文のみで用いられます。

よって、この肯定文は形の例として
出しただけで普通は使いません。

肯定文は一般動詞needを使う

肯定文は一般動詞のneedを用い、
以下のように表します。

He needs to pay money.
「彼は、お金を払う必要がある。」

一般動詞のneedは
「~を必要とする」という意味で、

to payは不定詞の名詞的用法で
「払うこと」という意味になるので、

この2つを組み合わせると
「払うことを必要とする」となり、
助動詞needの「払う必要がある」と
同じ意味になります。


否定文はneedの後ろにnotを付け、
意味は「~する必要はない」となります。

よって、以下の肯定文を
否定文に書き換えると、

He need pay money.
「彼は、お金を払う必要がある。」

以下のようになります。

He need not pay money.
「彼は、お金を払う必要はない。」

need notの省略形needn'tを用い、
以下のように書くこともできます。

He needn't pay money.

そして、助動詞needの否定need notは
「~しなければならない」という意味の
have toの否定don't(doesn't) have to
「~する必要はない」と同じ意味になります。

よって、この否定文は以下のように
書き換えることができます。

He doesn't have to pay money.
「彼は、お金を払う必要はない。」


疑問文はcanなどと同じように、
needを主語の前に出して文末に
クエッションマーク?を付けます。

そして、疑問文の意味は
「~する必要がありますか」となります。

よって、以下の肯定文を
疑問文に書き換えると、

He need pay money.
「彼は、お金を払う必要がある。」

以下のようになります。

Need he pay money?
「彼は、お金を払う必要がありますか。」

答え方はYesまたはNoとneedを用い、
以下のようになります。

Yes, he need.
「はい、払う必要があります。」

No, he needn't.
「いいえ、払う必要はありません。」

助動詞のまとめ無料レポート

英語の助動詞の解説を2ページ
にまとめた無料レポートです。

助動詞のまとめ無料レポート

他にも、無料レポートには主要
英文法の解説を各単元2~3ページ、
合計27ページにまとめてあるので
英文法の学習に役立てて下さい。

誰でもできる!毎日5分英文法
無料レポートの申請はこちら

助動詞need[必要]の問題

問題.以下の問題に答えなさい。

(1)He goes there.を
  「~する必要がある」という
  意味の文に書き換えなさい。

(2)(1)で作った文を助動詞のneed
  を用いた否定文に書き換えなさい。

(3)(1)で作った文を助動詞のneed
  を用いた疑問文に書き換えなさい。

答えはこのページの下にあります。

練習問題の解答

(1)He needs to go there.
 「彼は、そこへ行く必要がある。」

※助動詞のneedは肯定文で使えないので、
 肯定文では一般動詞のneedを用いた
 need toを用います。

(2)He needn't go there.
 「彼は、そこへ行く必要はない。」

(3)Need he go there?
 「彼は、そこへ行く必要がありますか。」

助動詞の解説メニューへ戻る

sponsored link

このページの先頭へ