比較級er・more+than

形容詞や副詞の比較級を用いた表現、
比較級er+thanと比較級more~+than
について例文を用いて解説していきます。

目次

英語の比較表現の形は
形容詞・副詞の比較級~than…で、
意味は「…より~だ」となります。

ここで、形容詞や副詞の比較級
について少し解説しておきます。


比較級とは、形容詞や副詞に
erを付けたものです。

例えば、tall「背が高い」の
比較級はtallerです。


ほとんどの形容詞や副詞は
erを付けて比較級を作りますが、
例外もあります。

erを付ける通常のものに加え、
以下の3つの比較級の作り方は
覚えておきましょう。


語尾がeで終わるものは、
rのみ付けます。

例)wise「賢い」 → wiser


語尾が子音+yのものは、
yをiに変えてerを付けます。

例)easy「簡単な」 → easier


語尾が単母音(母音1つ)+子音のものは、
子音を重ねてerを付けます。

例)hot「熱い」 → hotter


形容詞の比較級erの例文

それでは、実際に比較を表す
例文をみてみましょう。

Takeshi is taller than Ken.
「タケシは、ケンより背が高い。」


taller thanの部分が「比較級+than…」で、
「…より背が高い」と比較を表しています。


thanの後ろに、比較対照である
Ken「ケン」を置きます。

この英文は、形容詞の比較です。


副詞の比較級erの例文

もう1つ副詞の比較を用いた
例文をみてみましょう。

My mother gets up earlier than I.
「私の母は、私より早く起きます。」


early「早く」は副詞で、
動詞のgets upを修飾しています。

また、子音+yで終わっているので、
比較級はyをiに変えてerを付けた
earlierという形になります。


そして、学校の英語の勉強では
than Iと習うこともありますが、

以下のようにネイティブは会話で
than meを用いることが多いようです。

My mother gets up earlier than me.
「私の母は、私より早く起きます。」


形容詞や副詞にerを付ける以外に、
長い形容詞や副詞の前にmoreを付けて
比較級を作る場合があります。


以下の例文をみてみましょう。

This flower is more beautiful than that one.
「この花は、あの花より美しい。」


beautifulは長い形容詞なので、
最後にerを付けるのではなく前に
moreを付けて比較級にします。


長いとはどの位か?については、
3音節以上の語全てと2音節以上の
ほとんどの語とlyで終わる副詞です。

音節とは、辞書を引いた時に
beau-ti-fulのようにハイフンで
区切られているものです。


ただ、英単語を覚えるのも大変なのに
音節の数まで覚えられませんよね。

よって、moreを付ける形容詞や副詞で
よく用いられるものはそれほど多くないので
出てきたものを覚えていけば大丈夫です。


よく用いられる形容詞と副詞には、
以下のようなものがあります。

・形容詞

difficult「難しい」
important「重要な」
popular「人気のある」

・副詞

slowly「ゆっくり」
quickly「すばやく」


最後の2つのように、
lyで終わる副詞のほとんどは
moreを付けて比較級にしますが、

以下のように例外もあります。

例外)early「早く」 → earlier


最後に、比較の文を強める場合
について解説します。


日本語だと、以下のような意味の時です。

「彼は、彼の兄よりずっと背が高い。」
「この絵は、あの絵よりずっと美しい。」


通常、形容詞や副詞を強める時は
very「とても」を前に付けて、

tallやbeautifulを強めるとvery tallや
very beautifulとなります。


ところが、比較級になるとveryではなく
前にmuchやfarを付けます。


よって、先ほどの日本語を英語にすると
以下のようになります。

He is much(far) taller than his brother.
「彼は、彼の兄よりずっと背が高い。」

This picture is much(far) more beautiful than that one.
「この絵は、あの絵よりずっと美しい。」


口語(話し言葉)では、以下のように
a lotを付ける場合もあります。

He is a lot taller than his brother.
「彼は、彼の兄よりずっと背が高い。」


形容詞や副詞を強める時、
比較級になるとveryではなく
much(far, a lot)を前に付けます。


比較級+thanの後にくる言葉や
代名詞の格について例文を用いて、
以下で詳しく解説します。

比較級+thanの後の代名詞

比較級er・more+thanの問題

問題.以下の日本語の意味になるように
   英文を作りなさい。

(1)「この家は、あの家より大きい。」

(2)「彼は、私より早く走ることができる。」

(3)「この問題は、あの問題より重要です。」

(4)「彼は、私よりゆっくり話します。」

(5)「この本は、あの本よりはるかに難しい。」

(6)「トムは、ケンよりはるかに速く泳げます。」


答えはこの下にあります。

練習問題の解答

(1)This house is bigger than that one.

(2)He can run faster than I.

※英語ネイティブは会話で、
 He can run faster than me.
 と言うことが多いです。


(3)This problem is more important than that one.

(4)He speaks more slowly than I.

※英語ネイティブは会話で、
 He speaks more slowly than me.
 と言うことが多いです。


(5)This book is much(far) more difficult than that one.

(6)Tom can swim much(far) faster than Ken.

比較の解説メニューへ戻る

比較のまとめ無料レポート

英語の同格・比較・最上級と
使い方・例文などを2ページ
にまとめた無料レポートです。

比較のまとめ無料レポート

他にも、無料レポートには主要
英文法の解説を各単元2~3ページ、
合計27ページにまとめてあるので
英文法の学習に役立てて下さい。

誰でもできる!毎日5分英文法
無料レポートの申請はこちら

スピーキング上達e-bookプレゼント

英語のスピーキング上達のコツ

↓e-bookのダウンロードはこちら↓

※メールが届かなくなることがありますので、
@icloud.com以外のアドレスでご登録下さい。

参考書より英文法解説のトップへ戻る

このページの先頭へ