不定詞の名詞的用法

不定詞の名詞的用法の意味と、
主語・補語・目的語になる使い方
について例文を用いて解説します。

目次


不定詞の形は「to+動詞の原形」で、
以下の3つの意味があります。

1.名詞的用法「~すること」
2.形容詞的用法「~するための・~すべき」
3.副詞的用法「~ために・~して」

不定詞の名詞的用法は
「~すること」という意味ですが、
以下で使い方について解説します。


不定詞の名詞的用法の使い方が
理解しやすくなるので、まずは
文中での名詞の役割を確認します。

名詞の役割

名詞は、以下のように文中で
主語、補語、目的語になります。

・名詞が主語になる場合

Cars are expensive.
「車は、値段が高い。」

※名詞のCarsは主語

・名詞が補語になる場合

He is a student.
「彼は、生徒です。」

※名詞のstudentは補語

補語とは主語を説明するものです。
(主語=補語の関係が成り立ちます。)

・名詞が目的語になる場合

I have dinner.
「私は、夕食を食べます。」

※名詞のdinnerは目的語

目的語とは動詞の後ろに置かれ、
日本語だと「~を」や「~に」という
意味で動作の目的を表します

不定詞の名詞的用法も名詞と同様に、
文中で主語、補語、目的語になります。

主語になる名詞的用法

例えば、以下の文中で
「~をすること」という意味の
To playは主語になっています。

To play tennis is fun.
「テニスをすることは、楽しいです。」

Play「~をする」という動詞のままでは、
以下のように主語になることはできません。

×Play tennis is fun.
「テニスをするは、楽しいです。」

補語になる名詞的用法

次に、「本を読むこと」という
意味の不定詞to read booksは、
以下の文中で補語になっています。

My hobby is to read books.
「私の趣味は、本を読むことです。」

read「~を読む」という動詞のままでは、
以下のように補語になることはできません。

×My hobby is read books.
「私の趣味は、本を読むです。」

目的語になる名詞的用法

最後に、to play「~をすること」は
以下の文中で目的語になっています。

I like to play soccer.
「私は、サッカーをすることが好きです。」

likeは「~を好む」という意味で直訳は
「サッカーをすることを好む」となり、
to playは「~を」にあたるものなので
likeの目的語になります。

play「~をする」という動詞のままでは、
以下のように目的語になることはできません。

×I like play soccer.
「私は、サッカーをするが好きです。」

このように動詞はそのままでは
主語、補語、目的語にはなれませんが、
不定詞の名詞的用法は名詞と同じように
用いることができます。


名詞的用法の意味は「~すること」ですが、
目的語になる場合に訳し方に注意が必要な
表現があるので以下に解説します。

want to

以下の例文をみてみましょう。

I want to play soccer.
「私は、サッカーをしたい。」

この文でto play「すること」
という不定詞の名詞的用法は、
want「欲しい」の目的語です。

そして、I want to play soccerの直訳は、
「私は、サッカーをすることを欲しい。」
となりますが日本語として不自然なので、
「私は、サッカーをしたい。」と訳します。

よって、「want to+動詞の原形」で、
「~したい」という意味になります。

begin toとstart to

次に、以下の例文をみてみましょう。

He began to study.
「彼は、勉強し始めた。」

to study「勉強すること」
という不定詞の名詞的用法は、
began「始めた」の目的語です。

He began to studyを直訳すると
「彼は、勉強することを始めた。」ですが、
日本語として不自然なのでこの場合は
「彼は、勉強し始めた。」と訳します。

よって、「begin to+動詞の原形」で、
「~し始める」と覚えておきましょう。

「start to+動詞の原形」も
begin to+動詞の原形と同じで、
「~し始める」という意味です。

He started to run.
「彼は、走り始めた。」

try toとneed to

不定詞の名詞的用法が目的語になる表現で、
他には以下を覚えておきましょう。

・try to+動詞の原形
 「~しようとする」

I tried to climb the mountain.
「私は、その山を登ろうとした。」

直訳は「~することに挑戦する」ですが、
「~しようとする」という意味になります。

・need to+動詞の原形
 「~する必要がある」

I need to pass the exam.
「私は、その試験に合格する必要がある。」

直訳は「~することを必要とする」ですが、
「~する必要がある」という意味になります。

不定詞の名詞的用法の問題

問題1.以下の()内の動詞を
   適する形に書き換えなさい。

(1)(read) English books is difficult.

(2)My dream is (become) a doctor.

(3)She likes (go) shopping.

問題2.以下の文を日本語に訳しなさい。

(4)I want to eat something.
   ※something「何か」

(5)She began to cook lunch.

(6)They will try to climb the mountain.

答えはこのページの下にあります。

不定詞のまとめ無料レポート

英語の不定詞の解説を3ページ
にまとめた無料レポートです。

不定詞のまとめ無料レポート

他にも、無料レポートには主要
英文法の解説を各単元2~3ページ、
合計27ページにまとめてあるので
英文法の学習に役立てて下さい。

誰でもできる!毎日5分英文法
無料レポートの申請はこちら

練習問題の解答

(1)To read English books is difficult.
  「英語の本を読むことは、難しい。」

(2)My dream is to become a doctor.
  「私の夢は、医者になることです。」

(3)She likes to go shopping.
  「彼女は、買物に行くことが好きです。」

(4)「私は、何か食べたい。」

(5)「彼女は、昼食を料理し始めた。」

(6)「彼らは、その山に登ろうとするでしょう。」

不定詞の解説メニューへ戻る

sponsored link

このページの先頭へ