受動態の分詞構文(受け身)

受動態Being+過去分詞の形を作る、
受け身の分詞構文について解説します。

目次


まず、以下の接続詞を用いた
文をみてみましょう。

As I was hit by him,
I was very angry.
「私は彼に殴られたので、
私はとても怒りました。」

この文では接続詞Asに付いた文が、
was hit「殴られた」という受動態の
形になっています。

この場合、分詞構文に書き換える
手順は以下のようになります。

1.接続詞を消す。

2.主語が同じ場合は消す。

3.動詞を(being)+過去分詞の形にする。

受動態の形はbe動詞+過去分詞で
be動詞のing形はbeingなので、
分詞構文の場合being+過去分詞
という形を用います。

よって、上の例文を分詞構文に
書き換えると以下のようになります。

Being hit by him, I was very angry.

接続詞に付いた文のみを書き換えるので、
後ろの文はそのままです。

そして、受動態の分詞構文では
以下のようにbeing+過去分詞の
beingを省略することもできます。

Hit by him, I was very angry.

よって、受動態の分詞構文は
過去分詞で始まることがあります。

以下では、独立分詞構文、否定、
完了形、受動態の全てに応用できる
分詞構文の作り方について解説します。

受動態の分詞構文の問題

問題.以下の文を分詞構文に
   書き換えなさい。

(1)Though she was told a lie by him,
   she believed him.

(2)As he is interested in English,
   he likes reading Egnish books.

答えはこのページの下にあります。

分詞構文のまとめ無料レポート

以下は分詞構文の作り方と訳し方、
独立分詞構文、受動態の分詞構文、
完了形の分詞構文、慣用表現などを
1ページにまとめた無料レポートです。

分詞構文のまとめ無料レポート

他にも、無料レポートには主要
英文法の解説を各単元2~3ページ、
合計27ページにまとめてあるので
英文法の学習に役立てて下さい。

誰でもできる!毎日5分英文法
無料レポートの申請はこちら

練習問題の解答

(1)Being told a lie by him,
  she believed him.
  「彼女は彼に嘘をつかれたけれども、
  彼女は彼を信じました。」

※Told a lie by him, she believed him.と、
 Beingを省略しても正解です。

(2)Being interested in English,
  he likes reading Egnish books.
  「彼は英語に興味があるので、
  英語の本を読むことが好きです。」

※Interested in English,
 he likes reading Egnish books.と、
 Beingを省略しても正解です。

分詞構文の解説メニューへ戻る

sponsored link

このページの先頭へ