byを使わない受動態

ここでは、byを使わない受動態
について解説します。

目次


受動態は、「BはAによって~される」
というように動作を受ける人やものを
主語にした表現です。

受動態は動詞の形が
「be動詞+過去分詞」となり、
意味は「~される」や「~された」
となります。

これに対し、以下の文のように
「AはBを~する」と動作を行う人やものを
主語にした表現は能動態です。

He closed the door.
「彼は、そのドアを閉めた。」

そして、この能動態の文を受動態の文に
書き換えると以下のようになります。

The door was closed by him.
「そのドアは、彼によって閉められた。」

受動態では動作を受けている
(この場合閉められた)The door
「そのドア」が主語になります。

そして、ドアを開けた
動作主(He「彼」)は、by+(代)
名詞の目的格「~に(よって)」を
be動詞+過去分詞の後ろに置いて表します。

上の文では、動作主をby him
「彼に(よって)」という形で
表しています。


ところが、以下の3つの場合には
動作主を表す「by ~」は省略されます。

1.動作主が明らかな場合
2.動作主が分からない場合
3.動作主が一般の人の場合

まず、1の動作を行うものや人が
明らかな場合について解説します。

以下の能動態の文をみてみましょう。

He broke the chair yesterday.
「彼が、昨日その椅子を壊しました。」

もし椅子を壊したのが彼だと
明らかに分かっている場合、
この文を受動態の文に書き換えると
以下のようになります。

The chair was broken yesterday.
「その椅子は、昨日壊されました。」

このように話しの流れで
彼が壊したことは明らかで、
言わなくても聞き手が誰が壊したのか
分かる場合には動作主by him
「彼によって」 は省略されます。

次に、2の誰によってされたのか
分からない場合について解説します。

以下の能動態の文をみてみましょう。

They built the building 10 years ago.
「彼らは、10年前にそのビルを建てた。」

そして、この能動態の文を受動態の文
に書き換えると以下のようになります。

The building was built 10 years ago.
「そのビルは、10年前に建てられた。」

10年前のことで誰によって
建てられたか分からない場合、
このように動作主のby them
「彼らによって」を省略します。

最後に、3の動作を行う人が
一般の人の場合について解説します。

以下の能動態の文をみてみましょう。

They speak English in America.
「彼らは、アメリカで英語を話します。」

そして、この能動態の文を受動態の文
に書き換えると以下のようになります。

English is spoken in America.
「英語は、アメリカで話されています。」

この場合「彼ら」はアメリカ
に住んでいる一般の人なので、
受動態の文でby themは省略します。

この場合、英語はアメリカに
住んでいる人によって話されていると
明らかなので、by themが省略される
と考えることもできます。

byを使わない受動態の問題

問題.以下の能動態の文を受動態の文
   に書き換えなさい。

(1)We ate the cake yesterday.
  ※ateはeat「食べる」の過去形、
   過去分詞はeaten

(2)They built the house 20 years ago.

(3)We speak Japanese in Japan.

答えはこのページの下にあります。

受動態のまとめ無料レポート

受動態の形と意味、否定文と疑問文、
助動詞、進行形、完了形の受動態などを
2ページにまとめた無料レポートです。

受動態のまとめ無料レポート

他にも、無料レポートには主要
英文法の解説を各単元2~3ページ、
合計27ページにまとめてあるので
英文法の学習に役立てて下さい。

誰でもできる!毎日5分英文法
無料レポートの申請はこちら

練習問題の解答

(1)The cake was eaten yesteday.
 「そのケーキは、昨日食べられた。」

(2)The house was built 20 years ago.
 「その家は、20年前に建てられてた。」

(3)Japanese is spoken in Japan.
 「日本語は、日本で話されています。」

(1)は動作主が明らか、
(2)は動作主が全く分からない、
(3)は動作主が日本にいる一般の人なので
by+動作主を省略します。

受動態の解説メニューへ戻る

sponsored link

このページの先頭へ