第1文型と第3文型の違い

第3文型で用いられる目的語と
第1文型で用いられる副詞の違い
について例文を用いて解説します。

目次


まず、以下の例文をみてみます。

I go there.
「私は、そこへ行きます。」

この文は主語がI、
動詞がgoの第1文型です。

そして、there「そこへ」は、
「どこへ」→「行く」というように
動詞goを修飾している副詞となります。


次に、以下の例文をみてみます。

I know the boy.
「私は、その少年を知っている。」

この文は、主語がI、動詞がknow、
目的語がthe boyの第3文型です。

目的語は動詞の後ろに置かれ、
動作(動詞)の目的を表すもので
日本語に訳した時に「何を」や
「誰に」にあたるものです。

上の例文でthe boyは動詞の
know「知っている」に対して
「誰を」知っているのかと、
動詞の目的を表しているので
the boyはknowの目的語となります。

これに対し上の例文のthereは、
goの目的語「~を」ではありません。


like「好む」という動詞には
「何(誰)を」好きなのか、
play「する」には「何を」するのか、

動詞のhave「持っている」には「何を」
持っているのかを表す目的語が必要ですが、
go「行く」という動詞には「何を」を表す
目的語を後ろに置く必要はありません。

先程の第1文型の例文の
thereをto Londonに置き換えた
以下の例文でも同じです。

I go to London.
「私は、ロンドンへ行きます。」

この文のto Londonの部分も
「どこへ」→「行く」とgoを修飾し、
行く場所を説明しています。

goは後ろに直接目的語を
とらない動詞で自動詞と呼ばれ、
自動詞の後ろに名詞を置く場合は
前置詞を伴います。

to Londonのように2語以上が
セットで1つの意味を持つものは、
句と呼ばれます。

そして、to Londonの部分は
副詞の役割をしている句なので、
副詞句と呼ばれます。

自動詞に対してknowやlikeなど、
後ろに目的語になる名詞を置ける
動詞は他動詞と呼ばれます。

以下の例文ではknowとlikeの後ろに、
himとdogsという目的語(名詞)が
そのまま置かれています。

I know him.
「私は、彼を知っています。」

He likes dogs.
「彼は、犬が好きです。」

目的語と副詞の違いは慣れるまで
少し難しいと思うかもしれませんが、
この解説が理解に役立てばと思います。

目的語と副詞の違いの問題

問題.以下の文の主語、動詞、目的語、
   修飾語(副詞)を示しなさい。

(1)I live in Japan.
 「私は、日本に住んでいます。」

(2)I bought a new house.
 「私は、新しい家を買いました。」

答えはこのページの下にあります。

文型のまとめ無料レポート

第1文型から第5文型まで、
英語の文型の種類と特徴について
2ページにまとめた無料レポートです。

文型のまとめ無料レポート

他にも、無料レポートには主要
英文法の解説を各単元2~3ページ、
合計27ページにまとめてあるので
英文法の学習に役立てて下さい。

誰でもできる!毎日5分英文法
無料レポートの申請はこちら

練習問題の解答

(1)主語:I、動詞:live、
  修飾語(副詞):in Japan
  ※SVMの第1文型

(2)主語:I、動詞:bought、
  目的語:a new house
  ※SVOの第3文型

文型の解説メニューへ戻る

sponsored link

このページの先頭へ