whoeverとwhomeverの違い

複合関係代名詞whoeverとwhomeverの
違いについて、例文を用いて解説します。

目次

まずは、whoeverとwhomeverの
意味の違いからご説明します。


複合関係代名詞のwhoeverは、
「~する人は誰でも」「誰が~しても」
という意味です。

そして、複合関係代名詞のwhomeverは
「~する人は誰でも」という意味です。


意味は似ていますが、whoeverと
whomeverの使い方は異なります。

以下に、whoeverとwhomeverの使い方
の違いについて例文を用いて解説します。


ここでは、whoeverとwhomeverの使い方
の違いについて例文を用いてご説明します。


複合関係代名詞のwhoeverは
「~する人は誰でも」「誰が~しても」
という意味で、主語の役割をします。


例えば、以下の例文でwhomeverは
動詞comesの主語になっています。

Whoever comes here is welcomed.
「ここ来る人は誰でも、歓迎されます。」


複合関係代名詞のwhomeverは
「~する人は誰でも」という意味で、
目的語の役割をします。


例えば、以下の例文でwhomeverは
動詞inviteの目的語になっています。

Whomever you invite is welcomed.
「あなたが招待する人は誰でも、歓迎されます。」


ただし、口語(話し言葉)では
whomeverの代わりにwhoeverを用いて
以下のように言うことが多いです。

Whoever you invite is welcomed.


よって、whoeverとwhomeverに違い
はありますが、実際はwhoeverの意味と
使い方を覚えておけば大丈夫です。


以下では、whoever他、複合関係詞の種類と
訳し方について例文を用いて解説しています。

複合関係詞の種類と訳し方

複合関係詞のまとめ無料レポート

複合関係詞(複合関係代名詞と
複合関係副詞)の種類と意味などを
1ページにまとめた無料レポートです。

複合関係詞のまとめ無料レポート

他にも、無料レポートには主要
英文法の解説を各単元2~3ページ、
合計27ページにまとめてあるので
英文法の学習に役立てて下さい。

誰でもできる!毎日5分英文法
無料レポートの申請はこちら

スピーキング上達e-bookプレゼント

英語のスピーキング上達のコツ

↓e-bookのダウンロードはこちら↓

※メールが届かなくなることがありますので、
@icloud.com以外のアドレスでご登録下さい。

観るだけで英語が上手くなる無料番組

日常英会話や海外旅行で使う英会話を
2ヵ月でマスターするコツが分かる!

無料番組の詳細はこちら

イングリッシュブレイクスルー


参考書より英文法解説のトップへ戻る

このページの先頭へ