現在完了形[経験]

現在完了形の経験の意味、
否定文と疑問文について
例文を用いて解説します。

目次

まずは、現在完了形の形と意味
について復習します。

現在完了形の意味は以下の3つがあり、
形は「have・has+過去分詞」です。

(1)継続「(ずっと)~し続けている」
(2)経験「(今までに)~したことがある」
(3)完了・結果「~してしまった」
       「~し終えたところです」

しかし、形が1つであるのに対し
現在完了形は意味が3つあるので、
以下のように「have+過去分詞」
だけだと意味の判別ができません。

He has lived in Japan.

この例文だと、経験の
「彼は、日本に住んでいたことがある。」か
「彼は、(ずっと)日本に住んでいる。」の
継続の意味か判断できません。

そこで、経験か継続の意味かを
明確にするキーワードがあります。

経験のキーワードは回数

ここでは、現在完了形の経験の意味と
経験を表すキーワードも解説します。

経験でよく用いられるキーワードは、
before「以前」とonce「1回」、
twice「2回」、three times「3回」など、
経験の回数を表す言葉です。

3回以上の回数はfour times「4回」、
ten times「10回」など、three, fourと
数にtimes「~回」を付けて表します。

そして、これらの経験を表すキーワードは
文の最後に置かれることが多いです。


よって、以下のように
onceやbeforeが文末に付いていると、
現在完了形の文は経験の意味を表します。

I have visited Kyoto once.
「私は、1回京都を訪れたことがあります。」

I have lived in Japan before.
「私は、以前日本に住んだことがあります。」

行ったことがあるはbeen to

現在完了形で「~へ行ったことがある」
という経験を表す時には注意が必要です。

「行く」という意味の動詞はgoなので、
「~へ行ったことがある」という経験を
表す場合はgoの過去分詞goneを用いて
have gone toになると思いがちですが、

「~へ行ったことがある」という経験は
have been toを用いなければなりません。

よって、

「私は、以前パリに行ったことがある。」

という現在完了形の経験は
以下のようになります。

I have been to Paris before.

現在完了形の経験で「行ったことがある」に
have goneは使えないので注意しましょう。


通常、現在完了形の否定文は
haveの後ろにnotを付けますが、
現在完了形の経験の否定文では
never「(今までに)1度も~ない」を
haveやhasの後ろに付けます。

そして、現在完了形の経験の否定文は、
「(今までに)1度も~したことがない」
という意味になります。

よって、

He has lived in Japan before.
「彼は、日本に住んでいたことがある。」

という現在完了形[経験]の否定文は
以下のようになります。

He has never lived in Japan before.
「彼は、(今までに)1度も日本に住んだことがない。」

has neverの省略形はありません。

また、現在完了形[経験]の否定文では、
以下のようにbeforeをとる場合もあります。

He has never lived in Japan.


通常、現在完了形の文は
have(has)を主語の前に出し、
文末にクエッションマーク?を付ければ
疑問文になります。

そして、現在完了形の経験の疑問文は、
過去分詞の前に「今までに~」という
意味のeverを置きます。

よって、

They have been to England before.
「彼らは、以前イングランドに行ったことがあります」

という現在完了形の経験の疑問文は
以下のようになります。

Have they ever been to England?
「彼らは、今までにイングランドに行ったことがありますか。」

everは経験の疑問文のみで用いられ、
現在完了形の経験の疑問文の意味は
「今までに~したことがありますか」
となります。

答え方はYesまたはNoとhave・hasを用い、
以下のようになります。

Yes, they have.「はい、あります」

No, they haven't.「いいえ、ありません。」

しかし、「2回(3回・4回)~
したことがありますか」と、いちいち
経験の回数を尋ねることはあまりしません。

how many timesで経験回数を尋ねる

そこで、現在完了形の経験の疑問文では
疑問詞のHow many times「何回」を用い、
経験回数を尋ねる疑問文が用いられます。

先ほどの現在完了形[経験]の疑問文を
How many timesを用いて書き換えると、
以下のようになります。

How many times have they been to England?
「彼らは、何回イングランドに行ったことがありますか。」

答え方は、以下のように回数を答えます。

Twice.「2回です。」

現在完了形[経験]の問題

問題1.以下の現在完了形[経験]の文を
   日本語に訳しなさい。

(1)We have met her once.

(2)She has had a pet before.
  ※hadはhave「飼っている」の過去分詞です。

(3)Ken has been to America twice.

問題2.以下の現在完了形[経験]の文を
   否定文に書き換えなさい。

(4)They have been to America before.

問題3.以下の現在完了形の文を()内の
  言葉を用いて疑問文に書き換えなさい。

(5)They have been to America once.
  (How many times)

答えはこのページの下にあります。

時制のまとめ無料レポート

英語の時制の解説を2ページ
にまとめた無料レポートです。

時制のまとめ無料レポート

他にも、無料レポートには主要
英文法の解説を各単元2~3ページ、
合計27ページにまとめてあるので
英文法の学習に役立てて下さい。

誰でもできる!毎日5分英文法
無料レポートの申請はこちら

練習問題の解答

(1)「私達は、1度彼女に会ったことがあります。」

(2)「彼女は、以前ペットを飼ったことがあります。」

(3)「ケンは、2回アメリカに行ったことがあります。」

※「~へ行ったことがある」という
 経験にはhas been to ~を用い、
 has gone toは使えません。

(4)They have never been to America before.
 「彼らは、以前1度もアメリカに行ったことがありません。」

(5)How many times have they been to America?
 「彼らは、何回アメリカに行ったことがありますか。」

※経験回数を尋ねるのでonceを消し、
How many timesを用います。

時制の解説メニューへ戻る

sponsored link

このページの先頭へ