cannot have 過去分詞(p.p.)

cannot have 過去分詞と
couldn't have+過去分詞の
意味の違いと使い方について
例文を用いて解説します。

目次

cannot have 過去分詞の意味は、
「~だったはずがない」です。


これは助動詞+完了形の形ですが、
助動詞の後ろは動詞の原形なので

cannotの後ろは必ずhave+過去分詞
という現在完了形を用います。


よって、had+過去分詞という
過去完了形を置くことはありません。

この理由をcannot have 過去分詞の
使い方と合わせて以下に解説します。


cannot「~のはずはない」を用い、

cannot have 過去分詞の使い方を
なぜこのような形を用いるのかと
合わせて解説します。


cannot+動詞の原形

まず、cannotのみを用いた
以下の文をみてみましょう。

He cannot be rich.
「彼は、お金持ちのはずはない。」


この文には2人の人が関わっており、
お金持ちだと推測されている「彼」と
この文を言っている「話し手」です。

そして、この文で話し手は
彼が「今」お金持ちであることを「今」
そんなはずはないと推測しています。


まとめると、彼の「今」の状態を、
話し手は「今」推測しています。


cannot+現在完了形

次に、以下の日本語の文を
英語にしてみます。

「彼は、お金持ちだったはずはない。」


今度は、少し違います。


この文は話し手が「今」
推測しているという部分は同じですが、

話し手は彼が「過去のある時点」で
お金持ちだったことを推測しています。


まとめると、彼の「過去」の状態を、
話し手は「今」推測しています。

これを英文に書き換えてみます。


まず、「彼はお金持ちだった。」は
He was rich.です。

そして、「彼は~のはずがない。」は
He cannot ~ です。


He cannot ~ の~に
He was richを入れれば、

「彼は、お金持ちだったはずはない」

という文になります。


助動詞の後ろは動詞の原形なので、
普通に考えると以下のようになります。

He cannot be rich.


ところが、この文だと、

「彼は、お金持ちのはずがない。」

という彼の「今」の状態を、
話し手が「今」推測している
最初の例文と同じになってしまいます。


助動詞の後ろは動詞の原形なので、

彼の「過去」の状態を表したい時に
以下のようにHe cannotの後ろに
wasを置くこともできません。

He cannot was rich.


このように、助動詞の後ろは
動詞の原形で過去形は使えないので、
その代わりに現在完了形を用います。


よって、以下の日本語を英語にする時、

「彼は、お金持ちだったはずがない。」


cannotの後ろにhave+過去分詞を置いて
以下のようになります。

He cannot have been rich.
「彼は、お金持ちだったはずがない。」


この文の(現在)完了形は、

cannotの部分の「現在」に対して
1つ古い時(この場合は過去)を
表しています。


cannot have 過去分詞は、
「過去」のことを話し手が
「今」推測していることを表し、

「~だったはずがない」
という意味になります。


現在完了形が本来持っている
継続、経験、完了(結果)の意味
ではないので注意しましょう。


couldn't have 過去分詞も
cannot have 過去分詞と同じで、

「~だったはずはない」
という意味になります。


ただ、couldn'tが過去形だからといって
「~のはずはなかった」とはならないので
注意しましょう。


cannotとcouldn't have 過去分詞の違い

「~だったはずはない」
と日本語訳は同じですが、

couldn't have 過去分詞を用いると
どう考えても「~だったはずはない」と
cannot have 過去分詞よりも困惑や皮肉
が含まれた感じになります。


その他の助動詞+完了形

助動詞+完了形の形で
よく用いられる助動詞は、
他に5つあります。


そして、解説した助動詞の後ろで
have+過去分詞を用いる考え方は、

不定詞や動名詞など他の文法でも
必要になるので覚えておきましょう。


以下では、助動詞+完了形の一つ
must have 過去分詞について例文を
用いて解説しています。

must have 過去分詞へ

cannot have 過去分詞の問題

問題.以下の文を日本語に訳しなさい。

(1)She cannot be a singer.

(2)She cannot have been a singer.

(3)Ken cannot have bought a new car.


答えはこの下にあります。

練習問題の解答

(1)「彼女が、歌手のはずがない。」

(2)「彼女が、歌手だったはずがない。」

(3)「ケンが、新しい車を買ったはずがない。」


(1)は「今」彼女の状態、
(2)は「過去のある時点」の彼女の状態、
(3)は「過去のある時点」のケンの動作を
「今」話し手が推測しています。

助動詞の解説メニューへ戻る

助動詞のまとめ無料レポート

英語の助動詞の解説を2ページ
にまとめた無料レポートです。

助動詞のまとめ無料レポート

他にも、無料レポートには主要
英文法の解説を各単元2~3ページ、
合計27ページにまとめてあるので
英文法の学習に役立てて下さい。

誰でもできる!毎日5分英文法
無料レポートの申請はこちら

このページの先頭へ