助動詞should[当然の推量]

助動詞shouldの持つ推量の意味と
否定文、疑問文、義務との見分け方
について例文を用いて解説します。

目次

shouldもcanと同じ助動詞なので
動詞の前に置いて動詞に意味を加え、

shouldには「~するはずだ」という
当然の推量の意味があります。


当然の推量のshouldを用いた
以下の例文をみてみましょう。

He should be there.
「彼は、そこにいるはずだ。」


この文は、彼がそこにいる
ことがほぼ確実であることを

話し手が推測していることを
表しています。


助動詞の後ろは動詞の原形なので、
動詞はisではなく原形のbeになります。


shouldには、当然の推量の他にと
義務「~すべきだ」という意味があり、
見分け方は文脈から判断します。


例えば、以下のshouldを用いた例文は、

He should be there.


以下のように推量の意味にもなりますし、

「彼は、そこにいるはずだ。」


以下のように義務の意味にもなります。

「彼は、そこにいるべきだ。」


よって、話の流れで推量か義務の意味
かを判断することになります。

「彼は、そこにいるべきだ。」


そして、推量の意味のshouldは
否定文や疑問文で用いられないので、

以下のように否定文や疑問文では
shouldは義務の意味になります。

He shouldn't be there.
「彼は、そこにいるべきではない。」

Should he be there?
「彼は、そこにいるべきですか。」


以下では、推量の意味の
否定文や疑問文について
例文を用いて解説します。


当然の推量の否定文では、
shouldを用いません。


例えば以下の推量の否定文は、

「彼は、そこにいるはずはない。」


以下のように推量canの否定cannot
「~のはずがない」を用います。

He cannot be there.
「彼は、そこにいるはずはない。」


当然の推量の疑問文では、
shouldを用いません。


例えば以下の推量の疑問文は、

「彼は、そこにいるだろうか。」


以下のように推量のcanの疑問文、
「いったい~だろうか」という意味の
Can ~ ?を用います。

Can he be there?
「彼は、そこにいるだろうか。」


可能性と推量のcannotについては、
以下で詳しく解説しています。

可能性と推量のcan


以下では、義務のshouldについて
例文を用いて解説しています。

義務のshould

should[当然の推量]の問題

問題.以下の問題に答えなさい。

(1)He does the work.を
  shouldを用いて「~するはずだ」
  という意味の文に書き換えなさい。

(2)(1)で作った文を否定文にしなさい。

(3)(1)で作った文を疑問文にしなさい。


答えはこの下にあります。

練習問題の解答

(1)He should do the work.
  「彼は、その仕事をするはずだ。」

(2)He cannot do the work.
  「彼が、その仕事をするはずがない。」

(3)Can he do the work?
  「彼は、その仕事をするだろうか。」

助動詞の解説メニューへ戻る

助動詞のまとめ無料レポート

英語の助動詞の解説を2ページ
にまとめた無料レポートです。

助動詞のまとめ無料レポート

他にも、無料レポートには主要
英文法の解説を各単元2~3ページ、
合計27ページにまとめてあるので
英文法の学習に役立てて下さい。

誰でもできる!毎日5分英文法
無料レポートの申請はこちら

このページの先頭へ