willとwouldの違い

助動詞willとwouldの違いと
wouldの意味と使い方について
例文を用いて解説します。

目次

未来を表すwillに過去形があるの?と
不思議に思う方もいるかと思います。

「今からみた未来」を表すwillに対し、
wouldは「過去のある時点からの未来」
を表します。

そして、willと同じ助動詞なので、
wouldの後ろには動詞の原形を置きます。


willとwouldの違いを解説するために、
以下はの2つの例文を比べてみます。

I think (that) he will go there.
「私は、彼がそこに行くと思います。」

I thought (that) he would go there.
「私は、彼がそこに行くと思いました。」

※接続詞のthat「~ということ」は、
 省略することができます。

上の文は、「今から」
彼がそこに行く(だろう)と、
“今からみた未来”を表しているので、
willを表しています。

下の文は、私が思ったという
“過去のある時点からみた未来”を
表しているのでwouldを用います。

日本語に訳すとwillと
would共に「~だろう」となりますが、
今からみた未来を表す場合はwill、
過去のある時点からみた未来を表す
場合はwouldを用います。

主節(文の中で主となる文)の動詞、
think「思う」とthought「思った」で、
以下のように見極めることができます。

thinkは現在形なので
「今」の時点で思っている、
つまり「今からみた未来」のことを
思っているのでwillを用います。

thoughtは過去形なので
「過去のある時点」で思っていた、
つまり「過去のある時点からみた未来」
のことを思ったということになるので
wouldを用います。

willの過去形wouldの問題

問題.以下の文を日本語に訳しなさい。

(1)I think (that) it will rain tomorrow.

(2)I thought (that) it would rain yesterday.

(3)He thought (that) she would become a singer.

答えはこのページの下にあります。

助動詞のまとめ無料レポート

英語の助動詞の解説を2ページ
にまとめた無料レポートです。

助動詞のまとめ無料レポート

他にも、無料レポートには主要
英文法の解説を各単元2~3ページ、
合計27ページにまとめてあるので
英文法の学習に役立てて下さい。

誰でもできる!毎日5分英文法
無料レポートの申請はこちら

練習問題の解答

(1)「私は、明日雨が降る(だろう)と思います。」

※今日の時点で明日雨が降ると
 思っていることを表しています。

(2)「私は、昨日雨が降る(だろう)と思いました。」

※昨日の時点で今日雨が降ると
 思っていたことを表しています。

(3)「彼は、彼女が歌手になる(だろう)思いました。」

※過去の時点で(例えば彼が子供の頃)、
 彼女が将来歌手になるだろうと
 思っていたことを表しています。

助動詞の解説メニューへ戻る

sponsored link

このページの先頭へ