動名詞の受動態の使い方

動名詞の受動態の使い方と訳し方
について例文を用いて解説します。

目次

動名詞「動詞のing形」と
受動態「be動詞+過去分詞」を合わせて、

動名詞の受動態は「being+過去分詞」
という形になります。


動名詞の「~すること」に
受動態の「~される」の意味が加わり、

動名詞の受動態の意味(訳し方)は
「~されること」となります。


動名詞の受動態の使い方について、
以下に例文をを用いて解説します。


まず、通常の動名詞を用いた例文です。

I like giving a present.
「私は、プレゼントをあげることが好きです。」


次に、動名詞の受動態を用いた例文です。

I like being given a present.
「私は、プレゼントを貰うことが好きです。」


動名詞の受動態being givenの直訳は
「与えられること」という意味ですが、
この場合「貰うこと」とした方が自然です。


もう1つ動名詞の受動態を用いた
例文をみてみましょう。


以下は、「~を恐れている」という意味の
I'm afraid that ~ を用いた文です。

I'm afraid that I'm scolded.
「私は、叱られることを恐れています。」


この場合、thatは接続詞なので後ろに
節(「主語 + 動詞」からなる文)がきます。


次に、上の文のthatを前置詞のofに変えた
I'm afraid of ~ の文に書き換えます。

I'm afraid of being scolded.
「私は、叱られることを恐れています。」


前置詞ofの後ろには動名詞がきますが、
上の文でthat節がam scolded「叱られる」と

受動態なので、ofの後ろでbeing scoldedと
動名詞の受動態の形を用います。


動名詞の受動態とセットで用いられる
動名詞の意味上の主語や動名詞の否定形
については、以下で解説しています。

動名詞の受動態の問題

問題.以下の文を()内の表現を
   用いて書き換えなさい。

(1)He is ashamed that he is scolded by his teacher.
  (be ashamed of)

(2)I'm proud that I'm not scolded by my parents.
  (be proud of)

(3)She is afraid that I am arrested by poice.
  (be afraid of)

  ※arrestedは、arrest「逮捕する」
   の過去分詞形です。


注)動名詞の受動態と意味上の主語
  否定形とのセットもあります。


答えはこの下にあります。

練習問題の解答

(1)He is ashamed of being scolded by his teacher.
  「彼は、先生に叱られることを恥じている。」

(2)I'm proud of not being scolded by my parents.
  「私は、両親に叱られないことを誇りに思っている。」

that節が否定文なので、
動名詞の受動態beign scoldedを用いる時に
動名詞の前にnotを置きます。


(3)She is afraid of me(my) being arrested by poice.
  「彼女は、私が警察に逮捕されることを恐れている。」

主節の主語Sheとthat節の主語Iが違うため、
beingの前に意味上の主語を置きます。

動名詞の解説メニューへ戻る

動名詞のまとめ無料レポート

動名詞の形と意味、意味上の主語、
否定形、受動態、完了形、慣用表現、
to不定詞との違いや使い分けなどを
2ページにまとめた無料レポートです。

動名詞のまとめ無料レポート

他にも、無料レポートには主要
英文法の解説を各単元2~3ページ、
合計27ページにまとめてあるので
英文法の学習に役立てて下さい。

誰でもできる!毎日5分英文法
無料レポートの申請はこちら

スピーキング上達e-bookプレゼント

英語のスピーキング上達のコツ

↓e-bookのダウンロードはこちら↓

※メールが届かなくなることがありますので、
@icloud.com以外のアドレスでご登録下さい。

参考書より英文法解説のトップへ戻る

このページの先頭へ