動名詞の完了形

動名詞の完了形について、
例文を用いて解説します。

目次


動名詞「動詞のing形」と
現在完了形「have+過去分詞」
を組み合わせ、動名詞の完了形の
形は「having+過去分詞」です。


動名詞の「~すること」
という通常の意味に対し、
動名詞の完了形の意味は
「~したこと」となります。


主節が現在で前置詞の後ろも現在

まず、以下の書き換えをみてみましょう。

I am ashamed that I am late for school.
「私は、学校に遅刻することを恥じています。」

このI am ashamed that
の部分をI am ashamed ofと、
前置詞ofを用いた表現に変えると
以下のようになります。

I am ashamed of being late for school.
「私は、学校に遅刻することを恥じています。」

前置詞の後ろに節(主語+
動詞からなる文)は置けず、
動名詞(この場合being)を
置かなければなりません。

この時、上の文では
主節(I am)の時制と
that節(that I am)の
時制が共に現在と同じなので、

that節中のamをそのまま
動名詞のbeingに変えます。

主節が現在で前置詞の後ろは過去

次に、以下の文をI am ashamed of ~
を用いた表現に書き換えてみましょう。

I am ashamed that I was late for school.
「私は、学校に遅刻したことを恥じています。」

この場合、前置詞ofの後ろだから
wasを動名詞のbeingに変えると間違いです。

それは、主節の時制(I am)が
現在であるのに対し、that節(I was)
の時制が過去と1つ古いからです。

I am ashamed of being late for school.

この文のように通常の
動名詞beingを用いると、
この部分の時制は主節の時制(現在)
と同じ現在になってしまいます。

そこで、主節(I am)の現在より
動名詞の部分(of ~)が1つ古い
時制の過去であることを表すために、
動名詞の完了形「having + 過去分詞」
の形を用います。

よって、I am ashamed of ~ を用いて
書き換えた文は以下のようになります。

I am ashamed of having been late for school.
「私は、学校に遅刻したことを恥じています。」

この文は、「過去」のことを
「現在」恥じていることを表します。

ここで1つ注意が必要です。

動名詞の完了形は単に過去のことではなく、
主節の時制より1つ古い時制を表します。

主節が過去で前置詞の後ろも過去

今度は、以下の文をI am ashamed of ~
の文に書き換えてみましょう。

I was ashamed that I was late for school.
「私は、学校に遅刻することを恥じていました。」

この文では、that節の
時制(I was)が過去ですが、
主節の時制(I was)も過去と
同じ時制です。

よって、I am ashamed ofの文に
書き換える時、ofの後ろは動名詞の
beingを用いて以下のようになります。

I was ashamed of being late for school.
「私は、学校に遅刻することを恥じていました。」

この文は、「過去のある時点」で
遅刻したことを同じ「過去の時点」で
恥じていたという意味です。

主節が過去で前置詞の後ろは大過去

最後に、以下の文をI was ashamed of ~
の文に書き換えてみましょう。

I was ashamed that I had been late for school.
「私は、学校に遅刻したことを恥じていました。」

この文は、主節の時制が過去で、
that節の時制は大過去と主節の時制より
that節の時制が1つ古くなっています。

一週間前に遅刻したことを昨日
恥ずかしく思っていたという状況です。

この場合には、I am ashamed of
の文に書き換える時、ofの後ろは
通常の動名詞ではなく動名詞の完了形
having beenを用いて以下のようになります。

I was ashamed of having been late for school.
「私は、学校に遅刻したことを恥じていました。」

このように、動名詞の完了形は
主節の時制より1つ古い時制を現し、
意味は「~したこと」となります。

動名詞の完了形の問題

問題.以下の文を()内の表現を
   用いて書き換えなさい。

(1)He insists that he paid money.
  (insist on)

(2)I'm proud that I won the game.
  (be proud of)

(3)He insisted that he had paid money.
  (insist on)

(4)I was proud that I had won the game.
  (be proud of)

答えはこのページの下にあります。

動名詞のまとめ無料レポート

動名詞の形と意味、意味上の主語、
否定形、受動態、完了形、慣用表現、
不定詞との違いや使い分けなどを
2ページにまとめた無料レポートです。

動名詞のまとめ無料レポート

他にも、無料レポートには主要
英文法の解説を各単元2~3ページ、
合計27ページにまとめてあるので
英文法の学習に役立てて下さい。

誰でもできる!毎日5分英文法
無料レポートの申請はこちら

練習問題の解答

(1)He insists on having paid money.
  「彼は、お金を払ったと主張している。」

insistsが現在でonの後ろも現在なので、
普通の動名詞havingを用います。

(2)I'm proud of having won the game.
  「私は、その試合に勝ったことを誇りに思っている。」

amが現在でofの後ろは過去なので、
動名詞の完了形having wonを用います。

(3)He insisted on having paid money.
  「彼は、お金を払ったと主張した。」

insistedが過去でonの後ろは大過去なので、
動名詞の完了形having paidを用います。

(4)I was proud of having won the game.
  「私は、その試合に勝ったことを誇りに思った。」

wasが過去でofの後ろは大過去なので、
動名詞の完了形having wonを用います。

動名詞の解説メニューへ戻る

sponsored link

このページの先頭へ