知覚動詞+目的語+原形不定詞

知覚動詞の後ろで用いられる
原形不定詞(toの付かない不定詞)
について例文を用いて解説します。

目次



不定詞の形はto+動詞の原形ですが、
原形不定詞とはtoの付かない不定詞です。

つまり、原形不定詞とは動詞の原形です。

例えば、通常の不定詞は
to playといった形になりますが、
原形不定詞はplayとなります。

原形不定詞は知覚動詞や使役動詞
の後ろで用いられますがここでは、
知覚動詞の場合について解説します。


知覚動詞とは、see「見る」、
hear「聞く」、feel「感じる」などの
人の感覚(五感)に関係する動詞です。

これら知覚動詞の後ろで
不定詞を用いる時は、toを取って
原形不定詞にしなければなりません。

実際に、知覚動詞の後ろで原形不定詞
を用いる例文をみてみましょう。

例えば、
「私は、彼がテニスをするのを見た。」
という日本語を英語で表すと、

I saw him.「私は、彼を見た。」

のhimの後ろで彼の動作を表します。

通常、以下のように動詞のsawとplayを
2つ並べることはできません。

×I saw him play tennis.
「私は、彼がテニスをするを見た。」

「テニスをするを見た」と、
意味もおかしいですよね。

よって、不定詞を用いて
以下のような形で表します。

I saw him to play tennis.
「私は、彼がテニスをするのを見た。」

この英文の直訳は以下になり、

「私は、彼がテニスをすることを見た。」

to playの部分は不定詞の
名詞的用法となっています。

しかし、ここで終わりではありません。

知覚動詞の後ろに不定詞を置く場合は、
最初の定義通り原形不定詞になるので
to playのtoを取って以下が正しい形です。

I saw him play tennis.
「私は、彼がテニスをするのを見た。」

ここで、この文中のplayは
一般動詞の意味「~する」ではなく、
不定詞の名詞的用法の「~すること」
という意味を持っています。

形は動詞の原形ですが、
不定詞の名詞的用法の意味を持ちます。

もう1つ、知覚動詞の後ろで
原形不定詞を用いる例文をみてみます。

I heard my mother call me.
「私は、母親が私を呼ぶのを聞いた。」

この文のcallの部分は
以下のように不定詞を用いますが、
heard(hearの過去形)が知覚動詞なので
to callを原形不定詞のcallにします。

知覚動詞heardの後ろでは、
以下のようにto callと通常の不定詞
を用いることはできません。

×I heard my mother to call me.
「私は、母親が私を呼ぶことを聞いた。」


これまでに解説したように、
能動態の文では知覚動詞の後ろで
原形不定詞を用います。

しかし、受動態の文では知覚動詞でも
to不定詞を用いるので注意が必要です。

以下の知覚動詞を用いた能動態の文を
受動態の文に書き換えてみましょう。

I saw him play tennis.
「私は、彼がテニスをするのを見た。」

見られた彼(He)を主語にし、
知覚動詞sawを受動態のwas seenに変えて
受動態の文は以下のようになります。

He was seen to play tennis (by me).
「彼は、テニスをするのを(私に)見られた。」

※話の流れから明らかに分かるので
by me「私に(よって)」は省略します。

この時、seeという知覚動詞の後ろでも
was seenのように受動態になっている時は
to playとto不定詞を用いなければなりません。

知覚動詞+O+原形不定詞の問題

問題.以下の文で()内から
   適する語を選びなさい。

(1)I saw him (to cross, cross) the street.
  ※cross「(道などを)横切る」

(2)We heard our teacher (to call, call) us.

(3)I felt someone (touch, to touch) me.
  ※feltはfeel「感じる」の過去形

(4)She was seen (to cry, cry) by him.

答えはこのページの下にあります。

不定詞のまとめ無料レポート

英語の不定詞の解説を3ページ
にまとめた無料レポートです。

不定詞のまとめ無料レポート

他にも、無料レポートには主要
英文法の解説を各単元2~3ページ、
合計27ページにまとめてあるので
英文法の学習に役立てて下さい。

誰でもできる!毎日5分英文法
無料レポートの申請はこちら

練習問題の解答

(1)I saw him cross the street.
  「私は、彼が通りを横切るのを見た。」

(2)We heard our teacher call us.
  「私達は、先生が私達を呼ぶのを聞いた。」

(3)I felt someone touch me.
  「私は、誰かが私に触れるのを感じた。」

(4)She was seen to cry by him.
  「彼女は、彼に泣くのを見られた。」

※受動態なので知覚動詞の後ろでも
 to不定詞を用います。

不定詞の解説メニューへ戻る

sponsored link

このページの先頭へ