不定詞の進行形

不定詞の進行形の形と意味、使い方
について例文を用いて解説します。

目次


不定詞の進行形の形は、
不定詞のto+動詞の原形の
動詞の原形の部分に進行形の形
be+動詞のing形を当てはめて、
to be+動詞のing形になります。

そして、「~すること」という
通常の不定詞の意味に対して、
不定詞の進行形の意味は
「~していること」となります。

・通常の不定詞の意味の例

to play tennis
「テニスをすること」

・不定詞の進行形の意味の例

to be playing tennis
「テニスをしていること」

この不定詞の進行形は、
通常の不定詞と比べて使う
状況が限られます。

そこで、まずは不定詞の進行形と一緒に
よく用いられる表現を以下に解説します。


不定詞の進行形の使い方の解説の前に、
不定詞の進行形と一緒に良く用いられる
2つの表現について解説します。

It seems that ~

まず、1つ目はIt seems that ~
「~のようです」です。

このthatは接続詞なので、
以下のように~の部分には節
(主語+動詞からなる文)が置かれます。

It seems that he is rich.
「彼は、お金持ちのようです。」

そして、この文はthat節中のheを主語にし、
seemsの後ろはisをto beという不定詞にして
以下のように書き換えることができます。

He seems to be rich.
「彼は、お金持ちのようです。」

以下のように、
heを繰り返すような言い方はしません。

×He seems that he is rich.

It is said that ~

2つ目は、It is said that ~
「~と言われている」です。

このthatも接続詞なので、
以下のように~の部分には節が置かれます。

It is said that he comes from Korea.
「彼は、韓国出身だと言われています。」

この文もthat節中のheを主語にし、
is saidの後ろはto comeという不定詞にして
以下のように書き換えることができます。

He is said to come from Korea.
「彼は、韓国出身だと言われています。」

以下のように、
heを繰り返すような言い方はしません。

×He is said that he comes from Korea.


それでは、不定詞の進行形の使い方と
訳し方の解説に入ります。

ここで、以下の文を不定詞を用いて
書き換えてみましょう。

It seems that he is playing tennis now.
「彼は、今テニスをしているようです。」

この時、that以下の文中で
is playingと進行形が用いられているので、
この場合不定詞の進行形を用います。

不定詞の進行形の形は、
「to+be+動詞のing形」です。

不定詞「to+動詞の原形」の後ろに
進行形「be動詞+動詞のing形」を置くので、
不定詞のtoの後ろにはbe動詞の原形である
beが必ず置かれます。

不定詞の進行形の意味は、
不定詞の名詞的用法の「~すること」と
進行形の「~している」が組み合わさり、
「~している(こと)」となります。

よって、上の文で主語をHeにした場合、
seemsの後ろにto be playingという
不定詞の進行形を用いて以下のように
書き換えることができます。

He seems to be playing tennis now.
「彼は、今テニスをしているようです。」

次に、不定詞の進行形を用いて
以下の文を書き換えてみましょう。

It is said that she is studying.
「彼女は、勉強していると言われています。」

上の文で主語をsheにした場合、
is studyingを不定詞の進行形の
to be studyingという形に変えて、
書き換えた文は以下のようになります。

She is said to be studying.
「彼女は、勉強していると言われています。」

用いられる頻度は少し下がりますが、
「たまたま~している」という意味の
happen to be ingという形もあります。

We happened to be reading the same book.
「私達は、たまたま同じ本を読んでいました。」

不定詞の進行形の問題

問題.以下を通常の不定詞または
   不定詞の進行形を用いた文に
   書き換えなさい。

(1)It seems that her father lives in Paris.

(2)It seems that her father is playing golf with his friends.

(3)It is said that he is traveling abroad.
  ※travel abroad「外国を旅行する」

答えはこのページの下にあります。

不定詞のまとめ無料レポート

英語の不定詞の解説を3ページ
にまとめた無料レポートです。

不定詞のまとめ無料レポート

他にも、無料レポートには主要
英文法の解説を各単元2~3ページ、
合計27ページにまとめてあるので
英文法の学習に役立てて下さい。

誰でもできる!毎日5分英文法
無料レポートの申請はこちら

練習問題の解答

(1)Her father seems to live in Paris.
  「彼女の父親は、パリに住んでいるようです。」

問題の文のthat節中が進行形ではないので、
通常の不定詞の形to+動詞の原形を用います。

(2)Her father seems to be playing golf with his friends.
  「彼女の父親は、友達とゴルフをしているようです。」

(3)He is said to be traveling abroad.
  「彼は外国を旅行していると言われています。」

(2)と(3)は問題の文で
that節中が進行形の文なので、
to+be+動詞のing形という
不定詞の進行形を用います。

不定詞の解説メニューへ戻る

sponsored link

このページの先頭へ