haveの第5文型での使い方

第5文型[SVOC]で動詞がhaveの場合
について例文を用いて解説します。

目次

第5文型(SVOC)の動詞がhaveで
Cに形容詞が入ったhave O Cの形は、
「OをCの状態にする」という意味です。

例えば、以下の例文は、

I will have it ready by Sunday.

S:I、V:will have、O:it、
C:readyの第5文型ですが、
以下のような意味になります。

「私は、日曜日までにそれを
準備しておくつもりです。」

この英文の直訳は、
「私は、日曜日までにそれが
準備されている状態にする
つもりです。」となりますが、

より自然な日本語訳として、
「私は、日曜日までにそれを準備して
おくつもりです。」としました。


haveは使役動詞なので、
第5文型SVOCのCの不定詞が
入る時は原形不定詞になります。

そして、意味は
「SはOにCしてもらう」
となります。

例えば、以下の例文は、

I will have him do the work.
「私は、彼にその仕事をしてもらうつもりです。」

「彼=その仕事をすること」という
him = do the workの関係が成り立ち、

S:I、V:will have、O:him、
C:do the workの第5文型になります。

do the workの部分の意味は
「その仕事をすること」という不定詞
の名詞的用法to do the workですが、

使役動詞のhaveの後ろでは
原形不定詞のdo the workとなります。


以下のように、第5文型SVOCで
have O 現在分詞という形もあります。

He had us cleaning the room.
「彼は、私達にその部屋を掃除させ続けた。」

この英文は「私達=掃除している」と
us = cleaning the roomの関係が成り立ち、
S:He、V:had、O:us、C:cleaning
the roomの第5文型になります。

「私達」は「掃除している」と
usとの関係が能動で進行中なので、
cleaningと現在分詞を用います。

以下のようにOが原形不定詞だと、
「掃除している」という進行中ではなく
「掃除すること」という意味になります。

He had us clean the room.
「彼は、私達にその部屋を掃除させた。」

S have O 原形不定詞の詳しい解説は、
この上のパートをお読み下さい。


以下のように、第5文型SVOCで
have O 過去分詞という形もあります。

She had her hair cut.
「彼女は、彼女の髪を切ってもらった。」

この英文は「髪=切られた」と
her hair = cutの関係が成り立ち、
S:She、V:had、O:her hair、
C:cutの第5文型になります。

「髪」は「切られた」と
her hairとの関係が受け身なので、
cutと過去分詞を用います。

文型の解説メニューへ戻る

文型のまとめ無料レポート

第1文型から第5文型まで、
英語の文型の種類と特徴について
2ページにまとめた無料レポートです。

文型のまとめ無料レポート

他にも、無料レポートには主要
英文法の解説を各単元2~3ページ、
合計27ページにまとめてあるので
英文法の学習に役立てて下さい。

誰でもできる!毎日5分英文法
無料レポートの申請はこちら

sponsored link

このページの先頭へ