カンマ+whichの訳し方

関係代名詞の継続用法の特殊な文、
カンマ+whichの訳し方と使い方
について以下に解説します。

目次


まずは、関係代名詞の継続用法の
一般的な英文を復習します。

継続用法とは先行詞と関係代名詞
の間にカンマが置かれている文で、
日本語に訳す時にはカンマのあるところで
点「、」や「。」で区切って訳します。

以下の継続用法の例文をみてみましょう。

I bought a book, which is written in English.
「私は本を買いましたが、それは英語で書かれています。」

カンマがない限定用法では、
以下の例文のように関係代名詞
より後ろの文が先行詞(a book)
を修飾するように訳します。

I bought a book which is written in English.
「私は、英語で書かれている本を買いました。」

ところが、上の継続用法の文では、
関係代名詞より後ろの文が先行詞を
補足的に説明する和訳になります。

カンマの後ろに「そして」や
「しかし」などの接続詞を補うと
スムーズに訳すことができます。

関係代名詞のwhichは
限定用法では先行詞のbookを修飾し、
継続用法では先行詞のbookを
補足的に説明しています。

どちらもwhichはbookを指しています。

※boughtとisで時制の一致をしない理由

過去・現在・未来で変わらない事実
には現在形を用いるという定義があり、
買った本が英語で書かれているのは
過去・現在・未来で変わらない事実
なのでisと現在形を用いるためです。


通常、関係代名詞の先行詞は名詞ですが、
継続用法のwhichは以下のように前の文全体、
または前の分の一部を指すことがあります。

He told me that he was sick, which was a lie.
「彼は病気だと私に言ったが、それは嘘だった。」

この文で用いられている関係代名詞
whichの先行詞はsickではありません。

このwhichはそれより前にある
「彼は病気だった」という意味の
that he was sickを指しており、
「それが嘘だった」ということを
補足的に説明しています。

このように継続用法でのwhichは、
それより前の文全体や文の一部を指し、
補足的に説明することがあります。

カンマ+whichの訳し方の問題

問題.以下の文を日本語に訳しなさい。

(1)I carried out the project,
  which was a wrong decision.

(2)He told me that I had to do that,
  which was right.

答えはこのページの下にあります。

関係代名詞のまとめ無料レポート

関係代名詞の種類と使い方などを
2ページにまとめた無料レポートです。

関係代名詞のまとめ無料レポート

他にも、無料レポートには主要
英文法の解説を各単元2~3ページ、
合計27ページにまとめてあるので
英文法の学習に役立てて下さい。

誰でもできる!毎日5分英文法
無料レポートの申請はこちら

練習問題の解答

(1)「私はその計画を実行したが、
   それは間違った決定だった。」

(2)「彼は私に
   私がそれをしなければならない
   と言ったが、それは正しかった。」

(1)のwhichは前の文全体を指し、
(2)のwhichは前の文のthat I had to
do thatを指しています。

関係代名詞の解説メニューへ戻る

sponsored link

このページの先頭へ