現在完了進行形

現在完了進行形の形と意味、
現在完了進行形と現在完了形の違い
について例文を用いて解説します。

目次

現在完了進行形の形は
have(has)+been+動詞のing形、
意味は「~し続けている」で
現在完了形の継続と同じです。

現在完了進行形の形は名前の通り
現在完了形と進行形が繋がった形で、
現在完了形の「have(has)+過去分詞」と
進行形の「be動詞+動詞のing形」という
形を足し算して以下のようになります。

 have(has)+ 過去分詞
+        be動詞 + 動詞のing形
------------------------------------------------
 have(has)+  been   + 動詞のing形
          ↑be動詞の過去分詞

意味は現在完了形の継続と同じで
「~し続けている」となりますが、
全く同じなら現在完了進行形は不要です。

現在完了形と現在完了進行形は
動詞の種類でどちらを使うか決まり、
動作動詞の場合は現在完了進行形を、
状態動詞の場合は現在完了形を用います。

状態動詞とはknow、believeなど、
その状態をすぐに変えることができない
動詞で進行形(ing形)にできません。

動作動詞とはplay・run・studyなど、
その動作をすぐに変えることができる
動詞で進行形(ing形)にできます。


状態動詞は進行形にできないので、
状態動詞の継続を表す時には通常
以下のように現在完了形を用います。

I have believed him for ten years.
「私は、10年間(ずっと)彼のことを信じ続けています。」

※状態動詞のliveは以下のように
 現在完了進行形で用いることがあり、
 現在完了形のhave livedと大きな
 意味の差はないようです。

I have been living in Japan for ten years.
「私は、10年間(ずっと)日本に住んでいます。」


進行形にできる動作動詞の継続は、
以下のように現在完了進行形を用います。

I have been playing tennis since this morning.
「私は、朝から(ずっと)テニスをしています。」

現在完了進行形に経験や完了はなく、
継続の「~し続けている」という
意味しかありません。

キーワードも現在完了形の継続と
同じforとsinceです。

よって、現在完了進行形は、
現在完了形の継続との違いを
抑えておけば大丈夫です。


現在完了進行形の否定文は
have(has)の後ろにnotを付け、
「(ずっと)~し続けていません」
という意味になります。

以下の現在完了進行形の文を
否定文に書き換えてみます。

I have been playing tennis since this morning.
「私は、朝から(ずっと)テニスをしています。」

否定文はhaveの後ろにnotを付け、
以下のようになります。

I have not been playing tennis since this morning.
「私は、朝から(ずっと)テニスをしていません。」

have notの省略形haven'tを用いて、
以下のように書くこともできます。

I haven't been playing tennis since this morning.

もう1つ、以下の現在完了進行形の
否定文を考えてみましょう。

It has been raining for a week.
「1週間(ずっと)雨が降り続いています。」

雨は降ったり止んだりころころ
変わるためrainは動作動詞なので、
現在完了進行形で継続を表し、
主語が三人称単数なのでhasを用います。

否定文はhasの後ろにnotを付け、
以下のようになります。

It has not been raining for a week.
「1週間(ずっと)雨が降っていません。」

has notの省略形hasn'tを用いて、
以下のように書くこともできます。

It hasn't been raining for a week.


現在完了進行形は
have(has)を主語の前に出し、
文末にクエッションマーク?
を付ければ疑問文になります。

意味は、「(ずっと)~
し続けていますか」となります。

以下の現在完了進行形の文を
疑問文に書き換えてみます。

He has been playing tennis since this morning.
「彼は、朝から(ずっと)テニスをし(続け)ています。」

hasを主語の前に出して文末に?を付け、
疑問文は以下のようになります。

Has he been playing tennis since this morning?
「彼は、朝から(ずっと)テニスをし(続け)ていますか。」

答え方も現在完了形の場合と同様に、
YesまたはNoとhave(has)を用いて
以下のようになります。

Yes, he has.
「はい、彼は(テニスをし)続けています。」

No, he hasn't.
「いいえ、彼は(テニスをし)続けていません。」

現在完了形の継続の疑問文と同様に、
現在完了進行形も「どの位の間~」
という意味の疑問詞How longを用いて
継続の期間を尋ねます。

先程の疑問文をHow longを用いた
疑問文に書き変えてみます。

疑問詞How longを文の先頭に置き、
後ろに現在完了進行形の疑問文を付けて
疑問文は以下のようになります。

How long has he been playing tennis?
「彼は、どの位の間テニスをし(続け)ていますか。」

継続の期間が分からなくて尋ねているので、
since ~ の部分は省略されます。

答え方は期間を表すforやsinceを用い、
以下のようになります。

He has been playing tennis for two hours.
「彼は、2時間(ずっと)テニスをし(続け)ています。」

He has been playing tennis since this morning.
「彼は、朝から(ずっと)テニスをし(続け)ています。」

これは丁寧な答え方で、
会話では以下のように期間だけ
答えることもあります。

For two hours.
「2時間し続けています。」

Since this morning.
「朝からし続けています。」

時制のまとめ無料レポート

英語の時制の解説を2ページ
にまとめた無料レポートです。

時制のまとめ無料レポート

他にも、無料レポートには主要
英文法の解説を各単元2~3ページ、
合計27ページにまとめてあるので
英文法の学習に役立てて下さい。

誰でもできる!毎日5分英文法
無料レポートの申請はこちら

現在完了進行形の問題

問題1.以下の文に()内の語を付けて
   継続の意味を持つ文に換えなさい。

(1)They know her.(since 2000)
(2)Ken studies English.(for three hours)

ヒント:動作動詞か状態動詞かに注意!

問題2.以下の現在完了進行形の文を
   否定文に書き換えなさい。

(3)It has been snowing for three days.
(4)Ken has been studying English since yesterday.

※雪は降ったり止んだりころころ変わるので、
(3)のsnowは動作動詞です。

問題3.以下の現在完了進行形の文を
   疑問文に書き換えなさい。(6)は
   How longを用いた疑問文にしなさい。

(5)It has been snowing for three days.
(6)Ken has been studying English for two hours.

答えはこのページの下にあります。

練習問題の解答

(1)They have known her since 2000.
 「彼らは、2000年から彼女のことを知っています。」

※knowは状態動詞なので、
 現在完了形を用います。

(2)Ken has been studying English for three hours.
 「ケンは、3時間(ずっと)英語を勉強しています。」

※studyは動作動詞なので、
 現在完了進行形を用います。

(3)It hasn't been snowing for three days.
 「3日間(ずっと)雪が降っていません。」

(4)Ken hasn't been studying English since yesterday.
 「ケンは、昨日から(ずっと)英語を勉強していません。」

(5)Has it been snowing for three days?
 「3日間(ずっと)雪が降っているのですか。」

(6)How long has Ken been studying English?
 「ケンは、どの位の間英語を勉強し(続け)ているのですか。」

時制の解説メニューへ戻る

sponsored link

このページの先頭へ