同格のas asとnot as as

英語で同格を表すas as構文の意味、
否定のnot as asの使い方と訳し方
について例文を用いて解説します。

目次


英語で同格を表す形はas ~ as … で、
意味は「…と同じくらい~」となります。

as 形容詞 asの形と訳し方

例えば、
「武は、健と同じくらい背が高い。」
という文は以下のようになります。

Takeshi is as tall as Ken.

まず、Takeshi is tall「武は、背が高い。」
という文をベースに同格を表すas ~ asで
以下のように形容詞tallを挟みます。

Takeshi is as tall as

そして、2つ目のasの後ろに
比較している対象であるKenを置けば、
Takeshi is as tall as Ken.という
同格を表す文になります。

同格を表すas asの間に置かれる
形容詞や副詞は必ず原形です。

as 副詞 asの形と訳し方

次に、副詞を用いた同格の文
を作ってみましょう。

I can run fast.
「私は、速く走ることができる。」

fast「速く」は、動詞のrun
を修飾している副詞です。

そして、「私は、彼と同じくらい速く走る
ことができる。」という文を考えてみます。

速さが同じなのでfastをas ~ asで挟み、
比較対照の彼(he)を2つ目のasの後ろに
置いて以下のようになります。

I can run as fast as he.


次に、同格の否定を表す
not as ~ as … について解説します。

同格の否定not as ~ as … の意味は、
「…ほど~でない」となります。

先ほどの、Takeshi is as tall as Ken.
という文を否定に書き換えてみましょう。

否定文はbe動詞isの後ろにnotを付けて、
以下のようになります。

Takeshi is not as tall as Ken.

この文の直訳は「タケシは、
ケンと同じくらい背が高くない。」ですが、
「タケシは、ケンほど背が高くない。」
のほうが自然な訳です。

副詞を用いた同格の否定文もみてみましょう。

I can run as fast as he.
「私は、彼と同じくらい速く走ることができる。」

この文の否定文はcanの後ろにnotを付けて、
以下のようになります。

I can not run as fast as he.
「私は、彼と同ほど速く走ることはできない。」


最後に、同格の倍数表現
について解説します。

同格のas ~ asの前に倍数を表す
twice「2倍」やhalf「半分」を付けた
twice(half) as ~ as … という形は、
「…の2倍(半分)~」という
意味になります。

以下の例文をみてみましょう。

This box is twice as big as that box.
「この箱は、あの箱の2倍大きい。」

同格のas ~ asの前に
twice「2倍」を置くことで、
「2倍大きい」ということを表せます。

そして、この同格の文のように
同じ言葉(box)が繰り返される場合、
2つ目の単語をoneにします。

This box is twice as large as that one.

英語は、同じ言葉の繰り返しを嫌うために
このような置き換えをします。

そして、3倍以上は、
以下のように数にtimes「倍」を置きます。

This box is three times as big as that one.
「この箱は、あの箱の2倍大きい。」

半分は、以下のように
同格のas ~ asの前にhalfを置きます。

The population of this city is half as large as that of that city.
「この都市の人口は、あの都市の人口の半分です。」

人口を比較する時は、largeを用います。

また、the populationの繰り返しを
避けるためにこの場合はthatを用います。

~ of … の~の部分に置かれる
単語の繰り返しを避けるために、
単数の場合はthat、複数の場合は
thoseを用います。


同格を使った慣用表現について
例文を用いて解説していきます。

慣用表現は熟語のようなものです。

以下に例文を用いて解説していくので、
形と意味を暗記しておきましょう。

1.as ~ as one can「できるだけ~」
(= as ~ as possible)

Run as fast as you can.
「できるだけ速く走りなさい。」

oneの部分は誰がするかで変わります。

この文は命令文で、
走るのはあなたなのでyou canとなります。

He ran as fast as he could.
「彼は、できるだけ速く走りました。」

走るのは彼なので
oneの部分はheとなり、
過去のことなのでcanは
couldと過去形になります。

one canはpossible一語
に置き換えることができ、
上の2つの文は以下のように
書くこともできます。

Run as fast as possible.

He ran as fast as possible.

possibleを用いる時は、
人称や時制を気にする必要はありません。

2.~ as well as …「…と同様に~」
(= not only … but also ~)

I like cats as well as dogs.
「私は、犬と同様に(と同じように)猫も好きです。」

この文は、not only … but also ~
「…だけでなく~も(…と同様に~も)」
を用いて以下のように書き換えが可能です。

I like not only dogs, but also cats.
「私は、犬だけでなく猫も好きです。」

この文は、
「私は、犬と同様に猫も好きです。」
と訳すこともできます。

3.not so much B as A「BというよりむしろA」
(= A rather than B)

He is not so much a writer as a pianist.
「彼は、作家というよりむしろピアニストです。」

この文は、A rather than B を用いて
以下のように書き換えることができます。

He is a pianist rather than a writer.

これは、比較の慣用表現です。

同格as as・not as asの問題

問題1.以下の日本語の意味になるように
   英文を作りなさい。

(1)「この花は、あの花と同じくらい美しい。」

(2)「彼女は、彼女の母と同じくらい上手に料理をすることができる。」

(3)「この家は、あの家ほど大きくない。」

(4)「彼は、彼の兄ほど早く起きない。」

(5)「この建物は、あの建物の半分の大きさです。」

(6)「パリ(Paris)の人口は、ロンドン(London)の人口の2倍です。」

問題2.以下の英文を日本語に訳しなさい。

(7)I talked as slowly as I could.

(8)He can speak French as well as English.

(9)She is not so much a singer as an actress.

答えはこのページの下にあります。

比較のまとめ無料レポート

英語の同格・比較・最上級と
使い方・例文などを2ページ
にまとめた無料レポートです。

他にも、無料レポートには主要
英文法の解説を各単元2~3ページ、
合計27ページにまとめてあるので
英文法の学習に役立てて下さい。

誰でもできる!毎日5分英文法
無料レポートの申請はこちら

比較のまとめ無料レポート

練習問題の解答

(1)This flower is as beautiful as that one(that flower).

(2)She can cook as well as her mother.

(3)This house is not as big as that one(that house).

(4)He doesn't get up as early as his brother.

(5)This building is half as big as that one(that building).

(6)The population of Paris is twice as learge as that of London.

(7)「私は、できるだけゆっくり話しました。」

(8)「彼は、英語と同様にフランス語も話すことができる。」

(9)「彼女は、歌手というよりむしろ女優です。」

英文法解説[比較]へ戻る

sponsored link

このページの先頭へ