関係代名詞の使い方

関係代名詞を用いた英文の
作り方と訳し方について、
例文を用いて解説します。

目次


関係代名詞には、
以下のようなものがあります。

who, whom, which, whose, that

これら関係代名詞は、
接続詞と代名詞の働きをして
形容詞節を導きます。

この説明を読むと難しく感じますが、
2つの文を繋いで関係代名詞の前にある
先行詞と呼ばれる名詞を修飾する節を
作るということです。

これでも難しいかもしれないので、
以下の例文を用いて英文の作り方と
訳し方を解説していきます。

There is a boy who is running in the park.

この英文は以下の2つの文が、
関係代名詞whoにより繋げられています。

There is a boy.「少年がいます。」

He is running in the park.
「彼は、公園の中を走っています。」

そして、2つの英文を関係代名詞を
用いて繋ぐ手順は以下の通りです。

1.2つの文で同じ人または物を見つける。

上の例文だとa boyとHeです。

2.片方を関係代名詞に置き換える。

この時、1つの文に2つ同じ人や物
がある場合はあいまいな方を選びます。

これについては、
別のページで詳しく解説します

手順1で選んだ2つの名詞のうち、
修飾される名詞ではない方の名詞を
関係代名詞に置き換えます。

上の例文だとHeをwhoに置き換えて、
2つ目の文をwho is running in the park
とします。

3.先行詞の後ろに関係代名詞
 がくるように残りの文を置く。

There is a boyのa boyの後ろに
who is running in the parkを置き、
以下のように2つの英文を繋ぎます。

There is a boy who is running in the park.

そして、関係代名詞whoの後ろの以下は、

who is running in the park.

a boyという名詞を修飾する
形容詞の役割をしている節
(主語と動詞からなる文)なので、
形容詞節となります。

ここでは関係代名詞は2つの文を繋ぎ、
関係代名詞の前にある名詞を修飾する
形容詞節を作ると覚えておきましょう。

次に、この例文を用いて関係代名詞
を用いた英文の訳し方を解説します。


上で作った以下の例文を訳してみましょう。

There is a boy who is running in the park.

この文で関係代名詞の後ろにある
who is running in the parkという部分が
関係代名詞whoに導かれた形容詞節で、
whoの前にある名詞のboyを修飾しています。

そして、英文の訳し方は
「公園の中を走っている」という意味の
who is running in the parkの部分が、
「少年」という意味のboyにかかるように
「公園の中を走っている少年」と訳します。

よって、英文を通して日本語に訳すと、
以下のようになります。

There is a boy who is running in the park.
「公園の中を走っている少年がいます。」

次のページから関係代名詞のwho,
whom, which, whose, thatを使った
文の繋ぎ方や訳し方について一つずつ
詳しく解説していきます。

関係代名詞の訳し方の問題

問題.以下の文を日本語に訳しなさい。

(1)That is a boy who can run very fast.

(2)She is a girl who came to my shop yesterday.

(3)There is a man who knows about the news.

答えはこのページの下にあります。

関係代名詞のまとめ無料レポート

関係代名詞の種類と使い方などを
2ページにまとめた無料レポートです。

関係代名詞のまとめ無料レポート

他にも、無料レポートには主要
英文法の解説を各単元2~3ページ、
合計27ページにまとめてあるので
英文法の学習に役立てて下さい。

誰でもできる!毎日5分英文法
無料レポートの申請はこちら

練習問題の解答

(1)「あれは、とても走ることができる少年です。」

(2)「彼女は、昨日私のお店に来た少女です。」

(3)「そのニュースについて知っている男性がいます。」

関係代名詞の解説メニューへ戻る

sponsored link

このページの先頭へ