仮定法過去と仮定法過去完了

仮定法過去と仮定法過去完了の
形と意味、見分け方、併用した文
について例文を用いて解説します。

目次

仮定法過去の形は以下で、

If+主語+(助)動詞の過去形 ~ ,
主語+would(could, should, might)+
動詞の原形 ~ .

意味は以下のようになります。

「もし~なら、~だろう(~できるのに、
~すべきだ、~かもしれない)」

If節ではない方の文には、
助動詞would, could, should, migntの
どれかが用いられます。

だいたいwouldかcouldが用いられます。

「~するだろう」という時にはwouldを、
「できるのに」と能力や可能性について
言う時にはcouldを用います。

仮定法過去の文の作り方

仮定法過去は、現在の事実の逆を表します。

例えば、以下のような事実があったとします。

As I don't have money, I can't buy it.
「お金を持っていないので、
私はそれを買うことができない。」

この文は現在における事実なので、
現在形を用いて表します。

そして、この文の逆は以下のようになります。

「もしお金を持っていれば、
私はそれを買うことができるのに。」

これは現在の事実の逆、または願望です。

このように現在の事実に対する仮定を
英語で表す時に過去形を用いて表すので、
仮定法過去と呼ばれます。

この現在の事実の逆を表す仮定の文を、
英語に書き換えると以下のようになります。

If I had money, I could buy it.
「もしお金を持っていれば、
私はそれを買うことができるのに。」

現在の事実の逆を表すので、
事実が否定なら仮定法過去は肯定に、
事実が肯定なら仮定法過去は否定になります。

次に、以下の文を仮定法過去
の文に書き換えてみましょう。

As I'm not a bird, I can't fly to you.
「私は鳥ではないので、
あなたのところに飛んでいけない。」

この文を仮定法過去に書き換えると、
以下のようになります。

If I were a bird, I could fly to you.
「もし私が鳥なら、
あなたのところに飛んで行けるのに。」

仮定法過去の文では、
be動詞はwereを用います。

口語(話し言葉)では
以下のようにwasを用いることもありますが、
文語(書き言葉)では通常wereを用います。

If I was a bird, I could fly to you.

しかし、最近はほとんどの場合で
wereが用いられるようです。

仮定法過去でifは省略できる

仮定法過去でIfを省略することができ、
Ifを省略した場合は主語と動詞の順番を
以下のように逆にします。

If I had money, I could buy it.
→ Had I money, I could buy it.

If I were a bird, I could fly to you.
→ Were I a bird, I could fly to you.


仮定法過去完了の形は以下で、

If+主語+had+過去分詞 ~ ,
主語+would(could, should, might)+
have+過去分詞 ~ .

意味は以下のようになります。

「もし~だったら、~しただろう
(~できたのに、~すべきだったのに、
~だったかもしれない)」となります。

If節ではない方の文には、
助動詞would, could, should, migntの
どれかが用いられます。

仮定法過去完了の文の作り方

以下の過去の事実を表す文を、
仮定法過去完に書き換えてみましょう。

As I didn't have money, I couldn't buy it.
「お金を持っていなかったので、
私はそれを買えませんでした。」

これは過去の事実なので、
動詞と助動詞の過去形を用います。

この文を仮定法過去完了に書き換えると、
以下のようになります。

If I had had money, I could have bought it.
「もしお金を持っていたら、
私はそれを買うことができたのに。」

この文は「お金を持っていなかったので、
買えなかった。」という事実の逆を表すので、
仮定法過去完了を用います。

If節ではない方の文では
助動詞の後ろは動詞の原形なので、
過去完了形「had+過去分詞」を
用いることができません。

よって、助動詞の後ろに
have+過去分詞を置いて、
would(could, should, might)have+
過去分詞という形になります。

仮定法過去完了のifは省略できる

仮定法過去完了でIfを省略することができ、
Ifを省略した場合は主語とhadの順番を逆にし
以下のようになります。

If I had had money, I could have bought it.
→ Had I had money, I could have bought it.


以下の仮定法過去と、

If I knew her address, I would visit her.
「もし彼女の住所を知っていれば、
私は彼女を訪れるでしょう。」

以下の仮定法過去完了の文を用いて、

If I had known her address, I would have visited her.
「もし彼女の住所を知っていたら、
私は彼女を訪れたでしょう。」

仮定法過去と仮定法過去完了の
違いと見分け方を解説します。

見分け方ですが、仮定法過去は
If節中の動詞が過去形であるのに対し、

If I knew her address

仮定法過去完了の文は
If節中に過去完了形を用いるので
必ずhadがあります。

If I had known her address

このようにIf節中の形で
見分けることができますが、

仮定法過去は「もし~なら」と現在、
仮定法過去完了は「もし~だったら」と
If節中の日本語訳が過去になるので、
意味で見分けることもできます。


「もし(過去に)~していたら、(今)
~だろう」というようにIf節が過去のことで、
もう片方が現在のことを表す場合があります。

このような場合、
仮定法過去と仮定法過去完了を併用して
形は以下のようになります。

If+主語+had+過去分詞 ~ ,
主語+would(could, should, might)+
動詞の原形 ~ .

それでは、この形を用いた
以下の例文をみてみましょう。

If I had worked harder,
I would be successful now.
「もしもっと一生懸命働いていたら、
私は今頃成功しているだろう。」

事実は、以下のようになります。

As I didn't work hard, I'm not successful.
「(過去に)一生懸命働かなかったので、
(今)成功していない。」

そして、If節の中は
過去のこと(働いていなかった)で、
もう片方は現在のこと(成功していない)
を表しています。

よって、If節中には仮定法過去完了、
もう一方の文には仮定法過去を用います。

仮定法のまとめ無料レポート

仮定法過去、仮定法過去完了から
I wish+仮定法、as if+仮定法や
仮定法の慣用表現、仮定法未来まで、
2ページにまとめた無料レポートです。

仮定法のまとめ無料レポート

他にも、無料レポートには主要
英文法の解説を各単元2~3ページ、
合計27ページにまとめてあるので
英文法の学習に役立てて下さい。

誰でもできる!毎日5分英文法
無料レポートの申請はこちら

仮定法過去と仮定法過去完了の問題

問題1.以下の文を仮定法過去に
   書き換えなさい。

(1)As I don't have time,
   I can't read many books.

(2)As he knows the address,
   he can arrive there.

(3)As he is kind, he helps me.

(4)As there isn't a park,
   we won't play soccer.

問題2.以下の文を仮定法過去完了に
   書き換えなさい。

(5)As I didn't know her,
   I didn't talk with her.

(6)As he was sick,
   he couldn't play soccer.

問題3.以下の文を仮定法を用いて
   書き換えなさい。

(7)As he didn't take the medicine,
   he don't feel well.

(8)As he told her a lie,
   she gets angry now.

答えはこのページの下にあります。

練習問題の解答

(1)If I had time,
   I could read many books.
  「もし時間があれば、私はたくさんの
  本を読むことができるのに。」

(2)If he didn't know the address,
   he couldn't arrive there.
  「もしその住所を知らなければ、
  彼はそこへ着けないだろう。」

(3)If he were not kind,
   he would not help me.
  「もし彼が親切でなければ、
  私を助けてくれないでしょう。」

(4)If there were a park,
   we would play soccer.
  「もし公園があれば、
  私達はサッカーをするのに。」

動詞を現在形を過去形に変えて、
(1)と(4)は否定を肯定に、
(2)と(3)は肯定を否定に変えます。

(3)と(4)でbe動詞はwereを用います。

(5)If I had known her,
   I would have talked with her.
  「もし彼女のことを知っていたら、
  私は彼女と話しただろう。」

(6)If he had not been sick,
   he could have played soccer.
  「もし病気でなかったら、
  彼はサッカーができただろうに。」

動詞を過去完了形に変えて、
(5)は否定を肯定に、
(6)は肯定を否定にします。

(7)If he had taken the medicine,
   he would feel well.
  「もしその薬を飲んでいたら、(今頃)
  彼は体調がよくなっているだろう。」

(8)If he hadn't told her a lie,
   she wouldn't get angry now.
  「もし彼が嘘をつかなかったら、
  彼女は今怒っていないだろう。」

If節中は過去の出来事の逆なので
仮定法過去完了を用い、もう一方の文は
現在の出来事の逆で仮定法過去を用います。

仮定法の解説メニューへ戻る

sponsored link

このページの先頭へ