keepの第2文型・第4文型・第5文型

keepの第2文型・第4文型・
第5文型の意味と使い方について、
例文を用いて解説します。

目次

まず、keepを用いた
以下の例文をみてみましょう。

He kept quiet.
「彼は、黙っていた。」

彼は黙っている状態に保ったと、
この英文ではkeepを挟んでHe=quiet
の関係が成り立っています。

よって、この文はS:He、V:kept、
C:quietの第2文型になります。

keep ~ing(現在分詞)

次に、以下の例文では、
I=walking「私」=「歩き続ける」
という関係が成り立っています。

I will keep warking.
「私は、歩き続けるつもりです。」

よって、この文はS:I、V:will keep、
C:warkingの第2文型になります。

第2文型のCには
名詞か形容詞が入りますが、
このwalkingは現在分詞で形容詞の
役割をしてCに入っています。

S keep ~ingは第2文型で、
「~し続ける」という意味です。

「~を保持する」のkeepは第3文型

もう一つ、keepを用いた
以下の例文をみてみましょう。

He is keeping the ball.
「彼は、そのボールを保持している。」

この文は、S:He、V:is keeping、
O:the ballの第3文型です。

そして、He=the ballの関係ではなく、
the ballは“何を”保持しているかを表し
is keepingの目的語になっています。

このように、keepが「~を保持する」
という意味の時は第3文型になります。


今度は、keepを用いた
以下の例文をみてみましょう。

I will keep him a seat.
「私は、彼に席を取っておくつもりです。」

この文は、S:I、V:will keep、
O:him、O:a seatの第4文型です。

次に、以下の例文をみてみましょう。

She kept me some food.
「彼女は、私に食べ物を残しておいてくれた。」

この文は、S:She、V:kept、
O:me、O:some foodの第4文型です。

このように、keepが「~に…を取っておく」、
「~に…を残しておく」という意味の時は
第4文型になります。


最後に、keepを用いた
以下の例文をみてみましょう。

He kept the window open.
「彼は、その窓を開けたままにしておいた。」

この文は、S:He、V:kept、
O:the window、C:openの第5文型です。

このように、keepが
「~を…のままにしておく」という
意味の時は第5文型になります。

keepの第4文型と第5文型の違い

keepが「~に…を取っておく」、
「~に…を残しておく」という
意味の時は第4文型になり、

「~を…のままにしておく」
という意味の時は第5文型と
意味で見分けることができます。

ただ、意味がとれない時は
keepの後ろの言葉のイコール関係を
見ると文型を見分けることができます。

例えば、以下の例文の場合は、
himとa seatがイコール関係ではないので
第4文型になります。

I will keep him a seat.
「私は、彼に席を取っておくつもりです。」

これに対し、以下の例文の場合は、
the window=open「窓=開いている」と
the windowとopenがイコール関係なので
第5文型になります。

He kept the window open.
「彼は、その窓を開けたままにしておいた。」

第5文型のCに現在分詞が入る場合

以下の例文を見てみましょう。

My boss will keep me working.
「私の上司は、私を働かせ続けるだろう。」

この文は、私が働いている状態を
キープするという意味でme=working
の関係が成り立っています。

そして、S:My boss、V:will keep、
O:me、C:workingの第5文型です。

この場合、私が働いていると、
meとworkが能動の関係になるので
workingと現在分詞を用います。

第5文型のCに過去分詞が入る場合

以下の例文を見てみましょう。

She will keep me surprised.
「彼女は、私を驚かせ続けるだろう。」

この文は、私が驚いている状態を
キープするという意味でme=surprised
の関係が成り立っています。

そして、S:My boss、V:will keep、
O:me、C:surprisedの第5文型です。

この場合、私が驚かされると、
meとsurpriseが受け身の関係なので
surprisedと過去分詞を用います。

文型の解説メニューへ戻る

文の種類まとめ無料レポート

英語の命令文・感嘆文・疑問文・
否定文など文の種類を3ページ
にまとめた無料レポートです。

文の種類まとめ無料レポート

他にも、無料レポートには主要
英文法の解説を各単元2~3ページ、
合計27ページにまとめてあるので
英文法の学習に役立てて下さい。

誰でもできる!毎日5分英文法
無料レポートの申請はこちら

sponsored link

このページの先頭へ