leaveの第3文型・第4文型・第5文型

leaveの第3文型・第4文型・
第5文型の意味と使い方について、
例文を用いて解説します。

目次

まず、leaveを用いた
以下の例文をみてみましょう。

He left Japan.
「彼は、日本を出発しました。」

この文は、S:He、V:left、
O:Japanの第3文型です。

このように、leaveが「~を出発する」
という意味の時は第3文型になります。

leave forはSVMの第1文型

ちなみに、leave forは
「~へ向けて出発する」という意味で、
第1文型になります。

以下の例文は、

He left for Paris.
「彼は、パリに向けて出発しました。」

この文はS:He、V:leftの第1文型で、
for Parisは「パリに向けて」→「出発した」
と動詞を修飾している副詞で記号はMです。

「~を残す」のleaveも第3文型

もう一つ、leaveを用いた
以下の例文をみてみましょう。

He left a meal.
「彼は、食事を残した。」

この文は、S:He、V:left、
O:a mealの第3文型です。

このように、leaveが「~を残す」
という意味の時は第3文型になります。


次に、leaveを用いた
以下の例文をみてみましょう。

He left his son a big house.
「彼は、彼の息子に大きな家を残しました。」

この文は、S:He、V:left、
O:his son、O:a big house
の第4文型です。

このように、leaveが「~に…を残す」
という意味の時は第4文型になります。


最後に、leaveを用いた
以下の例文をみてみましょう。

He left the window open.
「彼は、その窓を開けっ放しにしておいた。」

この文は、S:He、V:left、
O:the window、C:openの第5文型です。

このように、leaveが
「~を…のままにしておく」という
意味の時は第5文型になります。

leaveの第4文型と第5文型の違い

leaveが「~に…を残す」
という意味の時は第4文型、

「~を…のままにしておく」
という意味の時は第5文型と
意味で見分けることができます。

ただ、意味がとれない時は
leaveの後ろの言葉のイコール関係を
見ると文型を見分けることができます。

例えば、以下の例文の場合は、
his sonとa big houseがイコール関係
ではないので第4文型になります。

He left his son a big house.
「彼は、彼の息子に大きな家を残しました。」

これに対し、以下の例文の場合は、
the window=open「窓=開いている」と
the windowとopenがイコール関係なので
第5文型になります。

He left the window open.
「彼は、その窓を開けっ放しにしておいた。」

文型の解説メニューへ戻る

文の種類まとめ無料レポート

英語の命令文・感嘆文・疑問文・
否定文など文の種類を3ページ
にまとめた無料レポートです。

文の種類まとめ無料レポート

他にも、無料レポートには主要
英文法の解説を各単元2~3ページ、
合計27ページにまとめてあるので
英文法の学習に役立てて下さい。

誰でもできる!毎日5分英文法
無料レポートの申請はこちら

sponsored link

このページの先頭へ