仮定法未来if shouldとif were to

ここでは、if S should doと
if S were to doという形の
仮定法未来について解説します。

目次

まず、If節中でshouldが用いられた

If+主語+should+動詞の原形 ~ ,
主語+would(could, should, might)
+動詞の原形 ~ .

という形で、

「万一~ならば、~だろう
(できるだろう、すべきだ、かもしれない)」

という意味になります。

助動詞の部分は、
would, could, should, mightの原形
will can, shall, mayが用いられる
場合もあります。

この表現は、現在や未来に対する
実現性が少ない仮定を表します。

以下の例文をみてみましょう。

If it should rain tomorrow, I would stay here.
「万一明日雨が降ったら、私はここにいるだろう。」

この文は「万一雨が降ったら」と、
雨が降る可能性が低い場合に用います。

また、この文は接続詞のIfを省略し、
主語とshouldの順番を入れかえて
以下のように書くこともできます。

Should it rain tomorrow, I would stay here.
「万一明日雨が降ったら、私はここにいるだろう。」

意味は変わりません。

現在や未来における条件を表す場合は、
以下のように現在形や未来形を用います。

If it rains tomorrow, I won't go out.
「もし明日雨が降ったら、私は外出しません。」

この文は雨が降る可能性が低いわけではなく、
「雨が降る可能性がある」場合に用いられます。

If it should rainは、If it rainsより
雨が降る可能性はかなり低くなります。

また、明日という未来のことですが、
If節中でrainsと現在形が用いられているのは、
条件の副詞節では未来のことは現在形で表す
というルールがあるためです。


次に、If節中でwere toが用いられた

If+主語+were to+動詞の原形 ~ ,
主語+would(could, might)+動詞の原形 ~ .

という形で、

「仮に~ならば、
~だろう(できるだろう、かもしれない)」

という意味になります。

この表現は、起こりそうもない未来
の出来事についての仮定を表します。

以下の例文をみてみましょう。

If you were to know that, you would get angry.
「仮にあなたがそれを知ったら、あなたは怒るだろう。」

この文は、
あなたがその事実を知ることはまずないが
知ったら怒るだろうということを表します。

仮定法未来の練習問題

問題.以下の文を日本語に訳しなさい。

(1)If I should miss the train,
   I would take a taxi.

(2)Should he come here,
   please tell him to call me.

(3)If a big earthquake were to occur,
   what would you do?
 ※big earthquake「大地震」、occur「起こる」

答えはこのページの下にあります。

仮定法のまとめ無料レポート

仮定法過去、仮定法過去完了から
I wish+仮定法、as if+仮定法や
仮定法の慣用表現、仮定法未来まで、
2ページにまとめた無料レポートです。

他にも、無料レポートには主要
英文法の解説を各単元2~3ページ、
合計27ページにまとめてあるので
英文法の学習に役立てて下さい。

誰でもできる!毎日5分英文法
無料レポートの申請はこちら

仮定法のまとめ無料レポート

練習問題の解答

(1)「万一その電車に乗り遅れたら、
   私はタクシーに乗るだろう。」

(2)「万一彼がここにきたら、
   私に電話するように伝えて下さい。」

(3)「仮に大地震が起こったら、
   あなたはどうしますか。」

英文法解説[仮定法]へ戻る

sponsored link

このページの先頭へ